<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新橋演舞場 新秋九月大歌舞伎 昼の部
私にとって「源平布引滝」とりわけ「義賢最期」は"歌舞伎の原点"ともいえる演目です。イレギュラーだな〜。あのとき大阪に行こうと思い立ってなければ、あそこで段治郎さんや愛之助さん、仁左衛門さんと玉三郎さんのおかる勘平観てなかったら………たぶんマンションのローンの繰り上げ返済2回くらいできてたと思う(違)。

というわけである種の感動をムネに新橋演舞場に向かった連休最終日でした。

一.源平布引滝

1.義賢最期

あれー、こんな立廻りの段取りだったっけ〜?いやいや、人間の記憶はあいまい、ましてや松竹座の2階席の二等席でノメラーや逆毛を立てた人を目の前に観ていた私の記憶なんていい加減なもんなんだろうなぁ………。と思いながらの観劇でした。

松也さんの葵御前、顔が険しいのはやっぱり身ごもっているのが男の子だからかしら(違)。その後の「枕獅子」の胡蝶のときもかわいいながらやっぱりコワイ顔してたから、ちょっとやっぱり男入っちゃってるのかなあと思いました。

九郎助は新蔵さん。あまり注目したことのない役者さんでしたけれど、情愛にあふれていて結構だったのではないでしょうか。

仁左衛門さんに海老蔵さんが習った(?)ということもあってか、松四朗さんほか松嶋屋さんのお弟子さんたちが軍兵役などであちこちにいました。

門之助さんの小万は意外とフェミニンで「男勝り」な面は少し引いた感じになっていました。私の記憶では小万は屋敷の前庭で延々懐剣で立廻りをするんですが、それがすっぽりありませんでした(謎は一応後で判明する)。

そして、海老蔵さんの義賢。うーむむむむむむ。ラストの仏倒れが驚異の身体能力を誇るはずの海老蔵さんにしてはなんかヘタレだったのが印象的で終わってしまったじゃないか〜。

2.竹生島遊覧

滅多にかからないそうですが大きな御座船のセットなどもあって、20分の幕なのにゼイタク。狩衣姿で出てくる海老蔵さんは(エビーム苦手な私でも)文句なくカッコイイ。

そして、小万の立廻りはここであったんですね。なので「義賢〜」でなかった、と。

3.実盛物語

海老蔵さんは実盛をやるにはちょっと若かったかなと思いましたが、違和感はそれだけで頑張ってらしたと思います。

すごくよかったのは市蔵さんの瀬尾。モノの本などに書いてあった「平馬返り」(座ったままの状態で、その位置をキープして前転すること)もきれいに決まった!今まで観たことなかったし席が割と目の前だったのでかなり感動してしまいました。

それと、やっぱり右之助さんは、いいわ〜〜〜。

二.枕獅子

時蔵さんにうっとりの50分。傾城姿ももちろん美しいし、獅子に変わったあとも涼やかで凛々しい〜。満喫しました。

胡蝶は松也さんと梅枝さんでした。
| 東京の他劇場 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
新橋演舞場 新秋九月大歌舞伎 夜の部
「かさね」はお話的にあまり好きじゃないのでパスして(爆)「加賀見山旧錦絵」だけ見て帰ってきました。これがまた案外長い…。二幕目のあとで30分の幕間がありますが、後半のほうがまた長いのでけっこう消耗します。お弁当食べて寝る感じじゃなくて甘いものがほしくなる消耗の感じなんだけど、演舞場、血糖値を上げるおやつ売ってないので……。

一.加賀見山旧錦絵

とにかく時蔵さんの力演に尽きました。3階から双眼鏡なしで観ていても場内を震わすようにその「何か」がのぼってくるようなそんな感じで……。時間が許せばもう一度今度は1階で観たいかも。

恐れていた海老蔵さんの岩藤ですがだいぶ落ち着いてきたのか、初日近くにご覧になった皆さんの感想にあった声がひっくり返ってしまうようなこともだいぶ抑えることができるようになってました。ただ、岩藤のちょっとした仕草にもいちいち笑っちゃう人がいるのには、やっぱり辟易してしまいます。

筋書の購入をぐっと我慢(だって、売り場のお姉さんが「まだですよ、20日過ぎに入りますよ」って教えてくれたんだもん)したので加役の腰元の皆さんが誰なのか確認できませんでしたが夕霧(だっけ、一番目の人)は声を聴く限り松之助さんだったかな、かなり、いいお味でした。

梅枝さんの姫。かわいいけどそれだけで印象が薄かったのが、ちょっと残念でした。

亀治郎さんのお初、本当に前半はかわいく、後半はすごみのある美しさでした。「NINAGAWA十二夜」の麻阿みたいな図太さを差し引いて、ひたすら尾上に尽くす感じが出ていて、けなげで。ただ、一幕目の引っ込みのときに顔をつくって引っ込んでいったあれだけもうちょっと上品にできなかったか、ちょっと残念でした。会場は沸いてたし、私は「花道モニター」で観てただけだけど…。
| 東京の他劇場 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
赤坂大歌舞伎 9/6昼の部
 この座組だったら普段だったら確実にパス、それも知人は「この演目でこの値段……ぼったくり歌舞伎」と言っていたほどなのですが行っちゃいました、赤坂歌舞伎。だって段治郎さんの重善が観たかったんです……。楽しめましたけど、遠い(=安い)2階席からで十分だったかな、と思いました。

中村屋さん贔屓の方は読まないほうがよいかもしれません。

一.狐狸狐狸ばなし

会場に小学生くらいの子どもを連れたお客さんがちらほらいるのにちょっと驚きました。まぁ、私の高校時代の同級生は中学校のときの歌舞伎鑑賞教室が「女殺 油地獄」だった、というホラー体験の人もいますが……基本「艶話」ですよね。とりあえず私だったら連れてこないと思います(汗)。

さて思い起こせば4月の「浮かれ心中」のときからすでにその傾向はあったと思うのですが勘三郎さん声が潰れちゃっています。特に高音は酷いことになっていて、伊之助が女方の声をつかっておきわ(扇雀さん)に話しかけるときなどはかなり集中して聞かないと3階席では何を言ってるのかちょっと聞き取りづらいレベルになってしまっていました。

5月のヨーロッパ公演、8月の新作、9月の赤坂に10,11月の平成中村座と「爆走」状態ですから仕方ないのかな、とも思いますがちょっと残念でした。

ビッチおきわの扇雀さん。私は今まであんまり扇雀さんにいい印象をもったことがありませんでした。あんまり観てなかったというのもあるけど観るとあまりにも母上に似てらっしゃるので違和感をいつも感じていたんです。

今回は遠かったせいもあると思いますが(そのうえ双眼鏡を忘れて行った…泣)素直におきわのビッチぶりを堪能させていただきました。粘着、執着、嘘…ホントにビッチなのになんだか憎めないキャラクターになっていて、楽しく観ることができました。

おかしかったのは最近扇雀さんが太ったのか、盛んに勘三郎さんに太ったとかまた太る、揺れた、などなどツッコミを入れられていた点だったかな。

彌十郎さんは、手堅かった〜。安心して観てられたデス。

さて、赤坂まで足を運ばせた段治郎さん。初日中心に観にいらした方のブログ等では「硬い」という評が多かったように感じたんですが数日たって少し落ち着いて役に入れるようになりつつあるのかな、といった感じがしました。まだ生硬な感じはちょっと残ってましたが、結束硬い中村屋ファミリーにいきなり澤瀉屋さんから投入されてるんだから緊張するなっていうほうが難しいんじゃないかと。

というわけでなんかちょっとほのぼのしながら観てしまいました。亀蔵さんの牛娘に迫られている場面では反転なんかも披露してみせたりしていい感じに絡んでたのではないでしょうか。

もうちょっと切符代が安かったらもう一度観に行くんだけどな〜。

そうそう、劇場にはもちろん花道はありませんが、左側通路をかなり使います。左側通路にあたった人(っていうか中村屋さんのお芝居を見慣れている方は想定の範囲内だと思いますが)はラッキーですね。

それと、さんざん「♪こんぴらふねふね、追い手に帆かけてしゅらしゅしゅしゅ〜」をアピってました。加えて重善さんが「まだこんぴらさんには一度も行ったことがないんだよ」と言ってみればおきわが「あそこには金丸座っていう芝居小屋があって来年25周年なんだよ」なんて言ってました。場内大喜び。

これは、来年のこんぴら歌舞伎は中村屋さんってことで決まりっぽいですか?段治郎さんも行くの?

二.棒しばり

最近の上演記録が手元にないので根拠lessなのですが、私が歌舞伎を観るようになってから2年半ほど、大歌舞伎や主立った巡業などでは「棒しばり」はかかってないので、この演目を観るのは中学校2年生のとき以来です(汗)。

で、ふと思ったのは七之助さん、もう酔っぱらって壊れるようなお役をやってもOKなんだ(爆)ということでした。もしかしたら「勘太郎&七之助錦秋公演」みたいなところでとっくに解禁なのかもしれないけれど、まだはたちちょいすぎの彼がお酒を飲み過ぎて問題を起こしたのは私の中ではそんなに遠い過去ではないので、なんか感慨深かったですね。

踊りのことはよくわかんないからあまり書くと墓穴を掘りそうですけど、とりあえず勘太郎さんの膝のことが気になって気になって膝をつく回数数えて途中でやめました。足拍子なんかも含めるとすごい負担かかってるだろうなと思って明るく次郎冠者をやっている勘太郎さんにブルブルでした。
| 東京の他劇場 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
9月の新橋演舞場に向けて その2
9月の演舞場に関する記事が東京新聞と朝日新聞に掲載されました。朝日新聞の記事は時蔵さんの尾上のカラー写真が使われていてちょっと萌え。記事はざざっとした内容でしたが…。

歌舞伎に染まる東京 9月4劇場で多彩な作品 (29日付、asahi.com

歌右衛門に学ぶ じっと耐える役 中村時蔵 『加賀見山』の中老・尾上 (30日付、東京新聞

| 東京の他劇場 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
9月の新橋演舞場に向けて
歌舞伎美人に、9月の公演に向けて時蔵さん、海老蔵さん、亀治郎さんのお三方がインタビューに答えているコラムが載っているとmixiで教えていただきました。うーん、楽しみ。

時蔵、亀治郎、海老蔵 新橋演舞場「新秋九月大歌舞伎」への思い

時蔵 新橋演舞場「新秋九月大歌舞伎」を語る

と時蔵さんだけのロングバージョンもあり、なんか盛り上がってきました。9月もなんだかんだいって忙しいのですが、頑張らないと!?
| 東京の他劇場 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
平成20年度公文協中央コース 松竹大歌舞伎 中村信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露
東京都・大田区民ホールアプリコにて

というわけで夏・巡業の季節がやってまいりました。私は中央コースは初日のきょうと、短い夏休み?を兼ねて今や「篤姫」ブームに沸いているという鹿児島に行ってみる予定です。台風とかこないでほしいな……。

さて、会場のアプリコは外はガラス張りのモダンな建物でことしで10周年らしいです。歌舞伎が行われる大ホールは1階席と2階席があり、収容人数は1470人!それと、席に客を案内するなどのスタッフが去年かな?行った小平市のホールなどと比べるとケタ違いに手厚い。大田区、お金ありますな?

さて、平日の微妙な時間の開演でお客さんがどれくらい集まるのかなーと興味津々だったのですが(はっきり言って勤め人にはキビシイ1630の開演時間…)客席は1階は7割くらいは埋まっていたのではないかと思います。

さてそれではざざーと「初日」(厳密には2回目だけど)の雑感。一応内容ネタバレしているのでたたんでおきます。



続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 22:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
第九弾 渋谷・コクーン歌舞伎 夏祭浪花鑑
一昨年、まだ歌舞伎の演目をあまり観ないうちに四谷怪談に行ってしまい、中村屋さんに「食あたり」を起こして以来若干トラウマになっているコクーン歌舞伎ですが、食わず嫌いはいけないと思って行ってきました。コクーンの椅子は毎度思うんですが歌舞伎座の3階席と変わりません。あれでテンションが2割くらい下がる気がする。

中村勘九郎 平成中村座ニューヨーク公演「夏祭浪花鑑」完全密着中村勘九郎 平成中村座ニューヨーク公演「夏祭浪花鑑」完全密着中村勘九郎フジテレビ 2005-03-02売り上げランキング : 16113おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


私は初めて見た「夏祭」が吉右衛門さんの団七、錦之助さん(当時:信二郎さん)の徳兵衛、歌六さんの義平次、段四郎さんの三婦でした。その後、坂田藤十郎さんの襲名の大阪公演で藤十郎さんの団七、仁左衛門さんの徳兵衛、段四郎さんの義平次、そして我當さんの三婦、さらにその後浪花花形歌舞伎で愛之助さんの団七も観てますが詳細はまぁ、大歌舞伎じゃないんで略します。

というわけで私の周囲は「『夏祭』といえば勘三郎さん」という人が多いのですが私だけ異端者ってのもあり、ポリスが出てくるなら出てきやがれ〜、というような半ばやけっぱちな気持ちで観に行きました。

過去の上演と演出がどのくらい変わっているかわかりませんがネタバレもありますので、珍しくたたむことにします。とりあえず、これから観にいかれる方は開幕10分前くらいには着席しててくださいね。始まっちゃいますから、いろいろと。

続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-
歌舞伎役者さんがふたりご出演ながら、歌舞伎とは演出もまったく違う通常の演劇ですが野村萬斎さんが主演ですし歌舞伎の「実盛物語」から30年後、というある意味後日談でもあるのでこのブログに感想を書くことにしました。

まずは期待の菊之助さん、じゃなくて亀三郎さんのほうから。歌舞伎以外のジャンルの演劇へのご出演は今回初めてとのことでしたが時代物というせいもあり立ち居振る舞いは慣れたものですし、顔つきもちょっと精悍になっていたのではないでしょうか。おヒゲは自前らしく、歌舞伎の先輩たちにからかわれてまんざらでもない様子が御本人のブログでも紹介されています。

亀三郎さんは肚から出るちょうどいい感じの艶のある声が絶品で私は歌舞伎役者さんのなかでは5本の指に入ると思っているんですけど、ふだんの大歌舞伎ではホントに哀しくなるほど出番が少ないんですよ。

なので今回六郎というとても複雑で難しいお役をこなしてらして、これだけで一瞬席を買い足したくなりました(コクーンはお尻が痛いので買い足しはしませんが)。偉大な父(や祖父)を持ち、混沌のなかで自分の生き様を模索しなくてはならない、というのはご自分にもかさなるんじゃないかな、と。

一方の菊之助さんは予想を超えて軽やかでした。設定を私もよく事前に飲み込んでいなかったせいもあると思いますが、これから観に行く方は1階席がラッキーです。私は高いところから指をくわえて観ているだけでした。

萬斎さんも負けずにおじいちゃんを軽々演じています。後述しますが原則重い芝居が重すぎなかったのはこの萬斎さんと菊之助さんの掛け合いが随所にあったればこそだったかも。

さて、お芝居本体ですが

1.蜷川さんの演出の芝居でこんなに笑ったのは初めて。

2.劇場全体、スモーク焚き過ぎてけむい。

3.蜷川さんの演出だと思うけど、割と早口で一息に台詞を言わせるので、発声の基礎ができてる人とできてない人で、ものすごく芝居の印象に差が出ていた。抜擢されたと思われるのに小型犬がむずかって吠えてるみたいでその場ぶちこわし、ってな方も。

4.平維盛役の長谷川博己さん、いまどきなら「KY」な御曹司を好演。でもほかの役者さんではあまり気にならない現代的な体格(細くて顔小さい)が鎧を着てもそのまま目立ち、なんかそこだけ21世紀だった。

5.五郎(菊之助さん)、お父さん(実盛=萬斎さん)の公達化粧を御手伝いすること「だけ」はできたのは、なぜ?

| 東京の他劇場 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
2008 五月大歌舞伎 夜の部
新橋演舞場夜の部は「東海道四谷怪談」の通しです。歌舞伎デビューした一昨年、わけもわからず真っ赤だったチケットWeb松竹から初めて「戻り」の切符を買い、「コクーン歌舞伎」南番を見てもうちょっとで終わるっつーのに途中で帰ってしまうという暴挙に出たのを思い出します……。

というわけでもともとの歌舞伎はどうなっていたのか、あんまりお話としては好きじゃないですが一度は観ておこう、と思っての今回。

東海道四谷怪談東海道四谷怪談
天知茂 中川信夫 鶴屋南北

ハピネット・ピクチャーズ 2000-08-25
売り上げランキング : 47192
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっぱり消耗します、理不尽な暴力には。それが芝居だとわかっていても、吉右衛門さんの伊右衛門にはすごく嫌悪感を感じたしそこで耐えるしかないお岩(福助さん)の境遇にも……。

歌舞伎座の菊五郎さんも身体が絞れているなと思ったのですが、こちらの福助さんもいつもよりだいぶお痩せになっている印象で「あぁ、橋之助さんのお兄さんだな」(違?)と思いました。痩せるとやはり陰影が出て、容貌が変わってしまった後は本当に怖いんです。

でも、観客が笑うんだよね〜。

特に大詰、提灯が燃えてそこからお岩さんがぬぬーんと出てくるところでひとしきり笑いが出るし、念仏を唱えている真ん中から伊右衛門の母親が引き抜かれるようなとき、お岩さんが歩いているときもくすくすと笑いが上がるんですよ。私には「おかしい」とまでは感じられませんでしたが、お化け度が薄かったのかしら。

歌六さんがなさるということで楽しみにしていた宅悦。コクーンのときはもっと派手にいろいろやらかしていたような記憶がうっすらあるのですが、なんかお岩さんとのやりとりも手堅い、っていうかフツーな感じがしました。あっちが暴れ過ぎなのかw

うれしかったのはお梅ちゃんが京妙さんだったことです♪舞台写真出るかしら、出るわよね。

そのかわり、といってはなんですが今月も歌江さん、チラシにも載っているのにお姿がありませんでした。
| 東京の他劇場 | 00:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
スーパー歌舞伎 ヤマトタケル〈千穐楽・3回目〉
今月は沖縄にも行ってしまったのでやめておこうと思いながら、結局千穐楽のステージを観てしまいました。3度も行ったのに結局全部段治郎バージョン(爆)。

2度目に行ったときは歌舞伎にあまりなじみのない友人と衣装のあほらしいまでの豪奢さなどに感動してミーハーに楽しみました。

千穐楽の切符を買うにあたっては本当は二等席あたりがほしかったのですが、残っていたのは花道がまったく見えない二階の最後列のみ。今回は演出上演舞場独特の「花道モニター」が封印されているため、演舞場の切符売り場の人もあまりオススメしませんと言ってくれたので1階一等席での観劇になりました。

さすがに3回観ると「鉄と米の国」の使者であるヤマトタケルの存在そのものの矛盾みたいなものに頭がゆきます。なので共感するのは征服される側の熊襲であり蝦夷。それと、タケルを支える女たちにも少し。皇后(おおきさき)になりたかった、という素直な弟橘姫(春猿さん)には「海人別荘」がかぶりました。

梅原猛著作集〈19〉戯曲集―ヤマトタケル・小栗判官・オオクニヌシ梅原猛著作集〈19〉戯曲集―ヤマトタケル・小栗判官・オオクニヌシ
梅原 猛

小学館 2003-07
売り上げランキング : 301117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


段治郎さんのタケルはやっぱり涼しげな貴公子で、まだあまり本格的に痛みを知らない第一幕が颯爽としていて素敵でした。

それが第三幕の傲慢のコントラストにもうひとつつながらないのが残念にも思えましたがそれは段治郎さんのお芝居云々よりストーリーテリングのほうに問題があるので仕方ないのかなぁ。

ほかに印象に残ったのはやはり

・ヘタルベ(猿紫さん)→最初観たときはちょっと女性的な印象もあったんだけれど、2回目、3回目とだんだん蝦夷の少年らしく骨太になっていった感じがありました。千穐楽、タケルの墓の前での号泣は大熱演。これからも抜擢に応えて頑張ってほしいと思いました。

・帝(金田龍之介さん)→猿弥さんもよかったんですが酷薄な感じがうんと前に出ている印象があり、そのせいでカーテンコールの仕掛けが生きるような気がしました。

・ヤイレポ、尾張の国造(猿三郎さん)→友だちはふたりが同じ役者さんだとは全くわからなかったと言っていましたがヤイレポの悲しみもいいのですが尾張の国造のユーモラスな所作がとても緊張を和らげてくれてよかったです。襲名もあってお忙しいでしょうに毎日ブログを更新されていて、それも感動。

千穐楽なので、カーテンコールには猿之助さんがお出になるのかな、くらいに軽く思っていたのですが予想を超えたカーテンコールでした。以下ネタバレです。

続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>