<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
中村座出演、仁左衛門さんが会見
日刊スポーツのウェブサイトにこんな記事が速報で掲載されていました。勘三郎さんと、記者会見をしたようです。

勘三郎の平成中村座に仁左衛門が初出演

「前から出たかった。入場料は安かったと思ってもらえるよう一生懸命やります」

と仁左衛門さんは語ったとのこと。

【追記】

仁左衛門が弱音?“革新系”歌舞伎は苦手 (スポニチアネックスより)

仁左衛門は「(勘三郎は)新しい形の歌舞伎に挑んでいるが、私は少し苦手。“普通にやらせてくれ”と頼んだ」と“楽屋話”を明かした。

だそうです。

| 気になる…松嶋屋さん | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
9年前の秀太郎さん
今みたいに福々しい感じと、昔の尖った感じの中間点くらい?な秀太郎さんの、9年前(98年)の「芸に生きる」を見ました。

当代仁左衛門さんの襲名の年の収録だったのでその話ももちろん出ましたが、やっぱりメーンはとにかく上方歌舞伎トーク。

いやー、松嶋屋さんや関西成駒屋さんで着々とお仕事している若いお弟子さんたちが「上方歌舞伎塾」の一期生としてキャリアをスタートしたばかり、という時代。本名と素顔で8人並んでマスよ〜。みなさん、かわゆい(笑)。

この頃はまだ「中座」があったんですね…「中之芝居」が大阪府の賞をもらったりしたことなど、その昔ちょっと関西に住んでいたときに道頓堀に行って中座の建物を見たことがあるのを思い出したりして懐かしかった。

「大坂の匂い」という話で盛り上がっていました。上方の世話物と江戸の世話物、ということで「封印切」の梅川が代表選手として「切られお富」のお富と比べられてました。

と、考えてみると、4月の浪花花形歌舞伎で初めて「曾根崎心中」を観ましたがまだ上方のお芝居ってなかなか観られてないなぁと実感します。
| 気になる…松嶋屋さん | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
仁左衛門さんと「ボクらの時代」
「僕は頭が悪いんです」という仁左衛門さんの衝撃発言?が飛び出したフジテレビ系の日曜朝7時からの番組「ボクらの時代」。なんだろう、団塊の世代向けなのかな…どういうコンセプトの番組なのかイマイチよくわからないんだけど、毎回ゲストは友だち3人ということは決まっているみたいです。

仁左衛門さんとご一緒に出演したのは谷村新司さんと竹中平蔵さんでキーワードは「関西人、東京に暮らす」。話を聞いていくと谷村さんと仁左衛門さん、谷村さんと竹中さん、こういう関係みたいでした。

関西人らしくw お好み焼き屋さんで関西人トーク炸裂でなかなか楽しかったです。でも私はもうひとつ竹中平蔵という人が胡乱な人だと思ってしまっているので仁左衛門さんがお喋りしてはるところ以外はもうひとつ楽しめなかったかも(汗)。

「僕は頭が悪いんです」はどんなタイミングで飛び出したかというと……
続きを読む >>
| 気になる…松嶋屋さん | 11:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
嶋之亟さんの意外な経歴
「芸に生きる」に松嶋屋一門(屋号は「桜喜屋」)の嶋之亟さんが登場されました。歌舞伎を知ってもらうために独自の活動をされていることなどはちょっとだけ存じ上げていたんですけれど「歌舞伎が好き」だけでこんなに頑張れる、ということがちょっとうらやましかった〜。

歌舞伎役者・片岡嶋之亟公式サイト

当代の仁左衛門さんのお弟子さんということなのに、司会の例の方w はどうしても十三代目さんの話にもっていきたかったみたいで話がときどき噛み合なかったのに微苦笑。

嶋之亟さんは直接の弟子ではなかったので……と何度も断っていらっしゃるんですけど。でも、十三代目さんのドキュメンタリー映画にはお稽古の場面がしっかり映っていて驚いた、とおっしゃっていました。

当代の仁左衛門さんはやはりお稽古のときは厳しいようで「ニコニコしているときはいいんですが…」とのことで、ダメだと「鉄拳というわけじゃないんですけど、ダメじゃないか」とすぐ言われてしまうそうです。でも、お稽古

けれど、入門のきっかけとそこに至るまでがびっくりでした。

続きを読む >>
| 気になる…松嶋屋さん | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
芸術院の新会員に仁左衛門さん
春の紫綬褒章受章に続き、仁左衛門さんが日本芸術院の会員になることが内定しました。

芸術院新会員に片岡仁左衛門氏ら6人asahi.com

名前はなんとなく聞いたことありますが、どんな団体なのかイマイチわからないのでググってみました。記事にあるように任命権は文部科学大臣にあるみたいだけど…。

日本芸術院 公式サイト

いろんな分野の方が幅広く登録されているようですけれど「演劇」ジャンルをみると、全員歌舞伎役者さんですね。

・芝翫さん
・雀右衛門さん
・坂田藤十郎さん
・富十郎さん
・菊五郎さん
・吉右衛門さん

の6人に仁左衛門さんが加わる形になるんですか…。なるほど。
| 気になる…松嶋屋さん | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
三越「歌舞伎おもしろ講座」の愛之助さん
日本橋三越本店の三越カルチャーサロンで10月から3カ月連続で開かれている「歌舞伎おもしろ講座」。先月、いちばん実は楽しみにしていた舞台衣装の回となんと国立劇場の元禄忠臣蔵 第一部の観劇日がバッティングしてしまい、勿体ないから私の名前で「代参」してもらおうと思ったお友だちもその日都合が悪くて結局1回のがしてしまいました。今回は愛之助さんが「新春浅草歌舞伎にかける思い」というタイトルで語るということで、どんな感じになるのか楽しみにしつつ参加してきました。

同じ三越カルチャーサロンでは今年前半、笑三郎さんを講師に3回連続の歌舞伎講座もやっていて、それに参加したお友だちは「ビックリするほど笑三郎さんが近くにいた」と言っていたのですが、会場に入るとなるほど、講師席の前は4列か5列机が並んでるだけで超、近いです。それも「お教室」がものすごくこじんまりしている…。

というわけで、愛之助さんのお話を1時間聴いてきました。国立劇場で前日話された内容とダブっている部分もあるみたいですが、元NHKアナウンサーの後藤美代子さんとの対談形式で1時間はあっという間でした。

順不同で、続きます。
続きを読む >>
| 気になる…松嶋屋さん | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
秀太郎さんの「芸に生きる」
愛之助さんのお義父さんの秀太郎さんの「芸に生きる」を観ました。前半は収録時(去年の6月)に歌舞伎座でかかっていた「信州川中島〜輝虎配膳〜」についてのお話。7月の坂田藤十郎さん襲名昼の部で観て、その後歌舞伎チャンネルで今回話されている演目ズバリを観たと思うのですが、HDD整理のときに消去してしまったんですよね…。

この話の流れを聞くと、秀太郎さんはまだ越路(おばあさん)じゃなくてお勝(どもりのヨメ)のほうが演じたかったんだろうなぁw って思いました。最後のほうで「(お勝つ)またやらせてください」っておっしゃってたしね。

ことし7月の襲名興行では竹三郎さんが越路ですっごく素敵な越路を観られたと思うのですが、役者さんの格でいくとどっちが越路(=歌舞伎の「三婆」のひとつ)をやったほうがよかったの?みたいな話もあり。

あまり歌舞伎座でかからない「輝虎配膳」を梅玉さんが演じたいといって実現した話や、お勝を演じた時蔵さんのしどころを褒めてらっしゃったりしたので、消さずに残しておいて、秀太郎さんの解説をよく聞いてからまた観たらおもしろかったのに…とちょっと悔しかったかも…。再放送を待とう。
続きを読む >>
| 気になる…松嶋屋さん | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛之助さんの「トップランナー」8日放送
愛之助さんが出演するNHK教育の「トップランナー」、8日19:00から放送です。さすがNHK、再放送がこんなに回数あると思わなかったw

(1)ハイビジョン 水曜18:00から
(2)総合テレビ 木曜24:00から
(3)BS-2 金曜17:00から

編成によって多少変更はあるようですが……。
| 気になる…松嶋屋さん | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
「艶紅曙接拙〜紅かん」
今から7年前の歌舞伎座で上演された「艶紅曙接拙〜紅かん」。愛之助さんが女方でお出になっている秘蔵w 演目なので、録画して観ました。

江戸時代の夏の風物を売り歩く人々のお芝居、ということで、愛之助さんは玉太郎さん(現:松江さん)とペアで花道からの出。台詞はひとことか二言かな。思っていたよりゴツい感じはなかったです……。なんか不思議なカンジ。

とはいえ、舞踊の主人公は梅玉さんなので、愛之助さんに寄った映像が本当に少なく、感想を書けるほどのものにならなかったのが残念。

芝雀さんが今とまた違ったかわいさがあって素敵でした。

無知なので謎だったのが、萬屋さんの歌昇さんがなぜ「成駒屋」のはっぴを着ていたのか、ということでした。このときは成駒屋さんゆかりの月だったのでしょうか。でも舞台にいらした方の中に成駒屋さんひとりもいなかったしな……。
| 気になる…松嶋屋さん | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛之助さん「トップランナー」ご出演
愛之助さんがNHK教育の「トップランナー」にご出演することが決まったそうです。放送は10月上旬ということで、7日までと期限を区切って公式サイトで観覧者を募集していますね。

*NHKのサイトはリンクフリーではないため、ここからリンクは張りません。

時期がちょうど松竹座で「十月花形歌舞伎」を染五郎さんとやってらっしゃる時期ですので、そのあたりの話、また、上方歌舞伎のお話になるんだと思いますが、なにげに不安……。

なんていうのかな、「トップランナー」に出てくる人って「単なる(特定分野の)トップランナー」を越えてもうちょっとエッジの利いた人が多いと感じるので、そういう意味で愛之助さんがどんな喋りをして、視聴者にどういうアピールができるのだろうと。

喋り自体は関西人だしあまり問題がないと思うんだけど……。意味もなくドキドキです。

公式サイトを見てみると過去に出演された歌舞伎役者さんは

染五郎さん(05年度)、シドーさん(03年度)、松緑さん(01年度、当時は辰之助さん)、菊之助さん(00年度)、橋之助さん(99年度)、笑也さん(98年度)

というラインアップ。
| 気になる…松嶋屋さん | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>