<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< やっと「こんぴら歌舞伎」 | main | 「歌舞伎っす」初回 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歌舞伎における「中村」さん
歌舞伎チャンネルで3年前に収録された時蔵さんの「芸に生きる」を拝見しました。やっとこれで播磨屋さんと萬屋さんと中村屋さんの親戚関係が私にも理解できました…(大汗)たぶん。

歌舞伎名作撰 本朝廿四孝 十種香 / 平家物語 建礼門院
歌舞伎名作撰 本朝廿四孝 十種香 / 平家物語 建礼門院
→歌右衛門さんが八重垣姫を演じているDVDです。時蔵さんは、やはり歌右衛門さんに教えていただいたときのことを忘れられないそう。

歌舞伎の世界には「中村」の名字をもってる人がたくさんいて、親戚筋には当たるんですが、家系図とか見ても「?」な部分がクリアになりました。あまりに超初心者過ぎるのですが備忘録として書き留めておきます。間違っていたらご指摘よろしくお願いいたします<諸先輩の皆様
言うまでもなく時蔵さんの屋号は「萬屋(よろずや)」ですが「萬屋」は祖母にあたる方がそのお名前の芝居茶屋のご出身で、その名前をつけて新たにできたおうちで、もともとは吉右衛門さんが名乗っていらっしゃる「播磨屋」だった、と。

吉右衛門さんの義理のお父さま、初代の吉右衛門さんと時蔵さんのおじいさまの三代時蔵さん、そして、十七世の勘三郎さん(当代の勘三郎さんのお父さま)は三代目の中村歌六さんの3人の息子さんです。

勘三郎さんは中村屋さんを継ぎ、長男の初代吉右衛門さんが「歌六」「時蔵」などの名跡を継がず吉右衛門のままでいることになり、次男の時蔵さんの子どもたちがお名前を継ぐことになった。

(実際はもっといろいろあるのでしょうけれど……形式としては)

もともと播磨屋さんだったから、定紋も蝶なんだね…。

萬屋の創設とともに、それまで「波野」だった時蔵さんのおうちはおばあさまの名前の「小川」を名乗るようになりました。すでに映画スター「中村錦之助」だった先代の時蔵さんの弟さんはお名前を「萬屋錦之介」として「萬屋」の名前を宣伝することをかって出てくれたのだそうです。

コレで間違いないかな……あとでもう一度録画したの見直さないと。

お話の1/3ほどはたぶんこの収録が行われた当時が萬屋錦之介さんの七回忌だったためなのかこうしたお話が多く「なぜ錦之介さんは(永山・松竹会長などの)勧めもありながら歌舞伎の舞台には戻ってこなかったのか」というところにも重点が置かれていました。

時蔵さんおっしゃるに、錦之介さんが映画デビューするに当たってお父様の三代目の時蔵さんは「歌舞伎を逃げ場にしてはいけない。映画をやるなら戻ってこないつもりであっちで大きくなれ」と言って送り出したため、歌舞伎に戻ってきにくかったのではないかとのことです。

なんか、今をときめくどなたかと少〜し話が似てますね(大汗)。たぶん誰も「歌舞伎を逃げ場にしてはいけない」とか、本人には言ってないのではないか、と思いますが。

錦之介さんがらみのお話も興味深かったのですが時蔵さんご本人のお話も、当然尽きず興味がありました。

時蔵さんに大きな影響を与えているのは間違いなくおばあさまで「女方には品がないといけない。決して下品になってはいけない」と口を酸っぱくして言われたそうです。

確かに時蔵さんはまだそれほど舞台を拝見しているわけではありませんけれど、どんなときも品がありますもんね〜(と、ちょっとそうでもない誰かの顔が思い浮かびつつ…)。


それから、歌右衛門さんに教えていただいたときの想い出も興味深かったです。歌右衛門さんは教えを請いにきた相手をみて「このヒトはこれ以上無理」と思ったら難度の高いことは教えなかったそうです。身体の動きしか教えてもらえなかったころから、役の心の話に進んだ時は自分が進歩したという達成感もおありだったようです。

時蔵さんの奥様は守田勘弥さんの養女でもあるため、玉三郎さんと義理の兄弟なんですって〜。時蔵さんが梅枝から時蔵を襲名したときに出たパンフレットの中に玉三郎さんがメッセージを寄せてらしてそれが少し読まれました。「(時蔵さんは)私にないものをたくさん持っていてうらやましい」とのことばに「私の方がよっぽど……」って時蔵さんは苦笑してました。

「芸に生きる」ってものすごい古いのもやってたりするので時間感覚がズレたりしてしまいますが、この収録は3年前。このときは時蔵さん、高校生になったご長男の梅枝さんは声変わりも終わりそうなので女方にしたい、っておっしゃっていました。今はいろいろなお役で研鑽を積まれてるところですので、かなり楽しみ。

この前の歌舞伎教室の会見の様子などを見て思ったんだけど時蔵さんは女方だから見た目は確かに「おっとり」しているし上品だけど、頭の回転とかはすごく速くてズバズバ系な人だと思います。なので、かどうかはわかりませんが、いつものマターリ、人の話をぶった斬って平気な司会者さんのマイペースな仕切りっぷりに、ニコニコしながら応対してるんだけど、引きの画像が映ったら足を思いっきりゆさゆささせてイライラしてたっぽい(爆笑)。

私がお相手で話してたら、気がついて死んでますね(大汗)。

だいたいはマターリ1時間喋って終わるんですが、どうも質問者が考えていた設問などを全部聞き終わってしまったらしく、最後の5分は歌舞伎と関係のない「最近観た映画」の話を振ってました。

最後まで芸談聞かせてくださいよー。と思いつつ、夜の部、出番が終わったら時蔵さんはレイトショーに通うくらい映画お好きでお詳しい、ってことがよくわかりました。

モノによっては今月もまた舞台写真を買ってしまいそう………。危険すぎるわ、時蔵さん。

それにしても、貴重な舞台写真をどっさり時蔵さんが持ってきてくださってたのに、それをいちいちあの司会者さんの指紋がべったりつくのはどうしたらイイの〜?もっと上手な見せ方あるでしょ、歌舞伎チャンネルさんったら〜。

【追記】萬屋さんのことについて詳しく書かれたエントリがありましたのでご覧下さいませ。

播磨屋と萬屋、錦兄(きんにい)のこと。(その3:播磨屋から萬屋へ) (はなみずきカンゲキ帖)
| 錦之助さん・時蔵さん | 20:55 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:55 | - | - |
mimiさん、こんばんは。

台風は若干西寄りの進路を取りつつありますが飛行機はギリギリ飛ぶか飛ばないか「天候調査」することになりそうです。今回行く島は阿嘉島といって那覇の港から高速船で50分のところなんですが、コイツが出航してくれるか微妙……。コレまで沖縄で台風の直撃食らったことない強運を誇っていたのですが……。

ま、どうなるにせよ、よかったら金曜の晩、お芝居がはねるのは午後9時の予定なのでそのあと、ビール1杯くらいmimiさんといただけるとうれしいと思います。PCのメールにメール入れておきますね!
| ruko | 2006/07/05 11:32 PM |
こんばんは!
台風ですかー!? そういえばさっき天気予報で言ってましたね。 本島まで行けたとしてもその後がね。
どうなりますかね、うまく飛ぶ事をお祈りいたします。

金曜夜、どうぞメールしてください。土曜はゆっくりできるので、遅いスタートでも構いませんよ!
| mimi | 2006/07/05 12:47 AM |
mimiさんこんばんは。

歌舞伎のおうちのお話はホントにややこしかったので時蔵さんの説明を聞いてようやく「萬屋」の由来がわかりました。播磨屋さんのほうが名前としては大きいようにも感じますので語られなかったことが、きっといろいろあるのだと思いますけれど。

梅枝さんは先月、松也さんと一緒に「身替座禅」の腰元をおつとめでしたが、そのときのレビューにも書いたんですけどお顔をした感じはぷっくりしてて目もわりとぱちっとしていたので強いていうなら玉三郎さん的なお顔でした。素顔写真も、お父様とはあまり似ていないようにも見えますので、ここはひとつ守田勘弥さんの養女の奥様のお顔を一度拝見したいところです。

さて、週末の大阪遠征ですが。
沖縄方面が台風の直撃を受ける可能性が出てきまして、8日は飛べずに大阪待機ってこともあり得る情勢になっております……サイアクです。台風を外すために7月の上旬に設定したのに、どういうことでしょう。

ま、もしそんなことになったら市内に取って返してとりあえず夜の部をもう1回見ちゃえw ってくらいに楽観的にしています。まったくやれやれ、なんですが。それにキャンセル待ちをしていた関空朝イチのフライトは席が取れず、昼前の伊丹便になったので夜と翌朝は比較的のんびりできることになりそうなので、mimiさんにメールするかもしれません。
| ruko | 2006/07/04 11:41 PM |
rukoさん こんばんは

ほほ〜う!時蔵さんの萬屋にまつわるお話面白いです
ね。梨園は親戚通しの姻戚関係が多くて非常にわかりずらいです。親戚といっても実は養子で血縁は何もない、とかね。 時蔵夫人が守田勘弥さんの御養女というのはどこかで読んだことがあります。先日、某おハイソ系婦人雑誌の着物特集に出ていらしたのを見ました。可愛らしい方ですね。梅枝君はお父様似、かな?

時蔵さんの舞台はまだ1度位しか見たことがありません。品のある知的な感じで、その姿よりもより女性らしい声の印象があります。確かに玉三郎さんとは持味が違うよね。綺麗ですっとした感じは一緒だけど玉三郎さんの方が女としての感情がグッと前に出てくる感じがします。 だから時蔵さんの八重垣姫とかが見たーい! 今月の女房役二役も楽しみだけど。

今月といえば今週末には来阪なのですよね。朝から劇場漬けで・で、朝には沖縄と。 お会いできるかと思ったけど激スケジュールのようですから十分睡眠をおとりください。私は土曜の夜の部の観劇予定です。
また感想楽しみにしてますよ!
| mimi | 2006/07/04 7:15 PM |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/148