<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 「八犬伝」は友人と2人で | main | 福助さんの「日生歌舞伎」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
七月大歌舞伎 昼の部
3連休の最終日。昼夜とも切符は売り切れ、幕見席は「立ち見」札が出て長い列となっていました。「夜叉ケ池」では1階でもぽつぽつ空席があったのですが皆さん海老蔵さんがお目当てだったとみえ「海神別荘」では埋まっていました…。

夜叉ヶ池・天守物語
夜叉ヶ池・天守物語

最初に漫画で読んで、イメージをつくってから文庫本にとりかかったのですが睡眠導入剤にしかならなかった……。けれど、お芝居を見てから再度読むと、泉鏡花の紡いでいる言葉の美しさのようなものがすーっと頭に入ってくるような気がしたのはちょっと不思議です。

泉鏡花の故郷、金沢に泉鏡花記念館があります。歌舞伎座内にチラシがあり「七月大歌舞伎を観て」感想文募集だそうです。最優秀賞に10万円!「メール不可」っていうのがおもしろい…。

以下2本、2回見てもやっぱりまとまらなかったのでダラダラ書いてしまいます。夜の部はこれから観るんですが昼の部を観る限りは「大歌舞伎」とはちょっと違うんじゃないのか、という気が、しました。
一.夜叉ケ池

段治郎さん、大きいので立廻りをするとぐーっと存在感があるのはいつも通り。ただ、今回は華族の三男坊で琴引谷(とお百合さん)の"魔力"にとらわれ、どこかに「それでいいのか、僕は」という晃の気持ちの揺れを表現しないと、と思うのですが、終始硬いばかりに感じてしまってちょっと残念だったかも……。

最初に感想を書いたとき、なんでかつらを取ったときに観客がどっと笑うのか納得できない、と書きましたが、なぜ白髪のかつらをかぶっているのか、という晃の切迫感が段治郎さんから出ていなかったからではないかと二度目を見て思いました。

対する春猿さんは速報でちょこっと書いたように、お百合さんの葛藤はとてもよかったです。冒頭の白髪のかつらをかぶっている場面が白髪なのにものすごく妖艶でしたし。

それと春猿さんを注意して拝見していると、やっぱり「疲れ」がストレートにお顔に出てしまうタイプのようで、目の下がむくんでしまったりしているときが舞台でもテレビでもあったのですが、今月は精進していらっしゃるのでしょう、とっても美しいです。

なので、白雪姫キレキレ、の場面での「声」が本当に惜しいと感じました。ラスト、すべてが終わって「姥、うれしいな」からの台詞は問題なく聞けたので、改めて歌舞伎、特に女方の「声」とは実に難しいんだろうなと思いました。

必見なのは姥を演じていた吉弥さん。白髪の異形の者ですが品と存在感があって「まだそのようなわやく(ワガママ、聞き分けのないこと)をおっしゃる」などという台詞がすすっとこちらの中に入ってくるように感じるのは流石です。

それから今回初めて、右近さんをストレートによかった!と思うことができました。ちょっと猿之助さんっぽい話し方が薄かったのか、どこがよかったかと言われるとココ、と指定はできないのですが。

夜叉ケ池の眷属(けんぞく)たちもユニークないでたちで「ショッカー」と書いた魑魅魍魎たち(原作では「あまたの影法師たち」となっています)の顔だけはちょっとカンベンと思いましたが、延夫さんの鯉七とか、大蟹五郎などはいい味が出ていたと感じました。

晃や百合の住む現実世界と夜叉ケ池の人々が集う異界が、鐘楼の表と裏である、と鐘楼を180°回転させて表現する方法はおもしろかった…。

気の毒だったのは薪車さん。昔の代議士ってやっぱりそれなりに重みがないといけないと思うのに、ペラペラ。これは薪車さんが悪いんじゃなくてこういう配役がよくないので、代議士の重みを出そう、頑張って悪い奴になろう、っていう力みが、見ていてしんどかったです。お疲れ様です。きっと玉三郎さんは「カッコイイんだけど俗物で悪い奴」を求めたのだと思いますが、いかんせん若過ぎたのではないかと。

二.海神別荘

舞台美術を天野喜孝さんが手がけていると聞き、どんなFF(ファイナルファンタジー)的世界が展開するのかと思ってましたが、超ビミョーでした…。舞台のいちばん奥に巨大なスクリーンを置き、海の中を感じさせる映像を流したり、挑戦はしているのですけれど。

そんなわけで、公子(海老蔵さん)が「椅子を持て!」って言うと出てくる椅子がまた独特の形。天野さんの造形を知っている人間は別におかしいとは思わないでしょうし、今日はそういうお客さんはいなかったのですが1回目観た時はその椅子の形に爆笑する人が続出でした。

舞台美術に衣装が合わせられたのか衣装に舞台美術を合わせたのか番附を確認していないのでなんとも言えないのですが、公子の衣装はものすごくすっとんきょうです。特に海老蔵さんを贔屓にしていない私はバババーン、と登場されたとき、思わず笑いをかみ殺さなければなりませんでした。

最初に思い浮かんだのがバレエ「白鳥の湖」のロットバルト。台詞もまた、魂がどこか別の場所にでもあるような、ちょっとハイで機械的に喋っているような不思議なトーンで、それが「異界の者」だから敢えてそうなのか、狙いがまた別にあるのか、最後までよくわかりませんでした。

対して僧都(そうず)役の猿弥さんからはツルツルツルツルと鏡花ワールドな台詞がこぼれ出てきて安心します。

また、腰元の皆さんの衣装が着物とドレスの間みたいなちょっと不思議で、でも味わいのあるもので、台詞の多い松之亟さん、歌女之丞さん、段之さん(番附がないのですが、たぶん)そして京妙さん、裳裾を引きずる感じで舞台を歩く風情がとてもエレガントです。

このお芝居はラスト、カーテンコールがあるのですが、出番が前半だったからといって、なぜ猿弥さんだけあの中にいないのか、謎。

玉三郎さんはいつも通り、お美しかったです。

真っ白でラメラメなドレスは光が当たると鱗っぽくて怪しくて。けれど、どうして乗り物は「ネバーエンディングストーリー」のファルコンみたいな子じゃないといけなかったのでしょう…。おしゃれな「長崎くんちの龍踊り風」にする意図が、よくわかりませんでした。

女性が乗っているのは「白馬」で、海底の宮殿では、女性を馬にのせ、周囲を武装したモノが囲むのは人間界の「引き回し」にあたるかどうかで門之助さんの博士と公子の間でけっこうな時間問答があるんですが、普通に観てたらきっと「なんとなく」しかわからないような。

それから、海の中であることを表すために玉三郎さんとお迎えにあがった侍女役の笑三郎さんにはマイクが仕込んであって微妙にエコーがかかる仕掛けになっていたのですが、それももうひとつしっくりきませんでした。

ラスト「女が行く極楽に男はおらんぞ。男の行く極楽に女はいない」という印象的な台詞で終わるのですが、ここも「らしさ」がもうひとつ感じられず。美しい一幅の(不思議な)絵、という舞台と、耳から入ってくる鏡花の台詞がなんだかミスマッチな1時間半でした。
| 歌舞伎座 | 23:31 | comments(8) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:31 | - | - |
こくおうさん、こんばんは。

天野さんの絵をご存知なら特に驚くことはないブツだとは思うんですけど(笑)縦に細長〜くデフォルメされたものでした。

一度見ておいてもよかったとは思います。私は「夜叉ケ池」見たさに2度も行ってしまったバカモンでしたが……。「海神別荘」は、衣装(ただし海老蔵さん以外)がどれも素敵でした。
| ruko | 2006/08/04 12:37 AM |
海神別荘だけ見てないんですよ。
レビューを見させていただいた限り、見たかったです。(色んな意味で)
変な椅子はどんなだろう…
| こくおう | 2006/08/02 1:57 AM |
nabejunさん、初めまして。コメントありがとうございます。

「海神別荘」の原作(岩波文庫)をオーダーしているのですがまだ届かず、具体的に泉鏡花が何と書いているのか確認していないのですが、女が乗っていたのはどうやら「白い龍馬」というものらしいです。

「龍馬」というのはいわゆる霊獣の一種で頭が龍で胴体は馬。日光東照宮の陽明門などにも彫られています。

リュウグウノツカイですか。新しいですね〜。ホルマリン漬けになったなが〜い奴を昔、水族館で見たことがあります。ぬらぬらと長い感じは確かに、リュウグウノツカイっぽいですね。名前もぴったり。

お芝居、楽しまれました?
| ruko | 2006/07/23 1:04 AM |
こんばんわ、nabejunと申します。

今日、「海神別荘」を見てきました。
“「ネバーエンディングストーリー」のファルコンみたいな”乗り物はリュウグウノツカイという深海魚を模したものと勝手に思ってました。巨大なものだと10mmにもなるそうです。
http://blog.drecom.jp/key/archive/59
裏を取っていないので間違いかもしれませんが…
| nabejun | 2006/07/23 12:31 AM |
mimiさんこんばんは。遠征おつかれさまでした!

終演後はお着物の話から玉三郎さん、澤瀉屋の皆さんのことまで幅広く盛り上がりました……。

今度の週末「アマテラス」が放送されるので、玉三郎さんはどこに行こうとしているのかの方向性を少し探れるかと思い録画してみることにしています。

夜の部がまだなのでなんとも言えませんが、今のところブロガーのみなさん「山吹」については書きあぐねていらっしゃる感じもあるので、逆の意味でどんなお芝居なのか今、楽しみになってきています。

いつもお友だちと話していると「歌舞伎とは何ぞや」みたいなところに話がいってしまいます。玉三郎さんが目指されている歌舞伎の姿って何かあるのか、あるいはそうじゃないものを考えているのか、とっても気になるところですね。
| ruko | 2006/07/19 9:40 PM |
rukoさん お疲れ様です。色々とありがとうございました。 その後、感想話で盛り上がりましたか?
まず私的感想としましては、やはり一日でなく、分けて観たのが良かったな、と思いました(笑)ずっと観ることによって鏡花の世界に入り込める人もいるだろうけど、私は2本観たらその日はお腹一杯でしたね。

一番作品として楽しめたのは、「天守物語」で最後が
「海神別荘」ですね。「夜叉ヶ池」はファンタスティックな白雪よりも百合の方が気になりました。百合や晃の経緯に同情を感じまして。結構、話に入り込んでたかも。

逆に「山吹」は人形遣いや縫子の持つ背景に思いを馳せてみたのですが縫子に感情移入できないまま。縫子、島津それぞれ幕切れの言葉が気に入ったのですが、もう少し島津の最後の台詞は印象的にできなかったかな、と感じました。これは台詞の言い方なのか、演出のやり方なのか。 おっと!夜の部はまだ未見なのでしたね。

全体には鏡花として統一されているのに、言葉使い以外はあまり統一された感じはありませんでした。それが狙いのような、違うような・・
チケットは良く売れているようで、興行的には成功でしょうが、玉三郎さん自身はどう感じているのかな?
切符の売れ行き以外にどうやって反応が届いているのでしょうかねぇー。
| mimi | 2006/07/19 5:22 PM |
あやめ様、初めまして。

波津さんの漫画はなんだか不思議なオーラを放っていますよね。私も今回、歌舞伎座の演目が決まって思い出したのですけれど、改めて岩波文庫を読むと泉鏡花の世界を過不足なく描いていると感じました。

最初に昼の部を見たのは連休の少し前です(笑)。春猿さんのお百合さんはとてもよかったので、トータルでは「夜叉ケ池」のほうが楽しく感じました。

あやめ様のブログもお邪魔させていただきますね!またよろしくお願いいたします。
| ruko | 2006/07/18 9:34 PM |
こんばんは。あやめと申します。

やはり、波津さんの漫画で予習されたのですね。私は数年前にこれに出会って、鏡花にはまった一人です。むしろ、イメージ作りをしすぎて失敗、という部分もありますが・・・(特に『海神別荘』)。

三連休を精一杯使って、始めと終わりにご覧になったのでしょうか!? 『夜叉ヶ池』百合の心の動きは、日を追うごとに(って、そんなに観たわけではありませんが)すばらしくなっていたと思います。

rukoさまの感想を読んでなるほど、と思わされる部分はまだありましたが、長くなるのでこの辺で・・・。
| あやめ | 2006/07/18 9:01 PM |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/161
[伝統]七月大歌舞伎(泉鏡花)その1『夜叉ヶ池』
この記事は、7月17日(月)に追記したものです。 7月7日(初日)昼の部に参りました。初日明けて10日が経ったので、一部ですがレポートを。 「事実」と「感想」と「希望」の入り混じったものになっています。 また、例によって特に役者さんの名前が書いていないものは、春
| もうひとつの、大切な、私 | 2006/07/18 9:01 PM |