<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 福助さんの「日生歌舞伎」 | main | 煽るね… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
玉三郎さんの「浮舟」
まだ夜の部を観ていないので七月大歌舞伎をコンプリートしていないんですけど、玉三郎さんのイメージ、みたいなものがよくわからなくなってきたかも(汗)。今まで自分が抱いていた「玉三郎さんとはこんな人」みたいなのにはこだわらないほうがよさそうだと思い、歌舞伎チャンネルでいろんな玉三郎さんの出演演目を観てみてます。

今回は北條秀司の「源氏物語〜浮舟」(2003年3月・歌舞伎座)。玉三郎さんはなんだかものすごくモダンな浮舟でした。玉三郎さんを巡って争う薫大将は仁左衛門さん、匂宮は勘九郎時代の勘三郎さんです。

源氏物語 (巻10)
源氏物語 (巻10)
紫式部, 瀬戸内 寂聴

あさきゆめみし (7)
あさきゆめみし (7)
大和 和紀

玉三郎さんが云々、っていう前に、仁左衛門さんの薫大将にあんまり憂いが感じられず、なんだか暢気な人みたいに見えてしまい(大汗)、そっちに持っていかれて混乱しているうちに終わってしまった感じです。長いお芝居だったのに…。新歌舞伎ってホント難しい。
| TVで観劇 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:55 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/165