<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 「瓜生山歌舞伎」終演後トーク | main | ラヴ・レターズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
第一回若伎会(わかぎかい)
瓜生山歌舞伎の幕間、劇場の入り口でたぶん東京の若衆歌舞伎にも出てらした若手の役者さんが9月16、17日に大阪・御堂会館で上演する「若伎会」のチラシをお着物姿で配っていました。

わざわざチラシをもらいに行った私にサービススマイルしてくれたんですけど、家に帰って今月の松竹座の素顔写真と若衆のときの素顔写真と両方照合したのですが、わ、わ、わからないよー。ごめんなさい。

会館のサイトを見にいってみたら、大ホールの客席は約900もあるそうです。がんばれ〜。

演目は「実録忠臣蔵 義士銘々伝」。松の廊下から討ち入り、引き上げまで「通し」ですね!チラシにはまだ配役は入っていませんでしたが特別出演する役者さんとして秀太郎さん、竹三郎さん、愛之助さん、薪車さんのお名前が入っていました。

今回が第1回とのこと、私は流石に遠征は無理ですので、いらっしゃる方のレポートを楽しみに待ちたいと思います。いわゆる「平成若衆歌舞伎」が東京に取られた形で今年は大阪ではなかったけど、その代わり、ってことになるのかな。
| その他の劇場 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:32 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/178