<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 「車引」中村屋さんバージョン | main | アブダビで歌舞伎! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「歌舞伎っすS」に若手の太夫さん
日曜日は久々、文楽を観にゆきます。だから、ってわけではありませんが、今日MXTVで放送された「歌舞伎っすS」に文楽の豊竹咲甫大夫さんがゲストで登場されていました。ホント、文楽といえば吉田玉男さんくらいしかお名前存じ上げなくて「日本の伝統芸能」で知ってる方がもうちょっと増えた程度なので、この方はまったく存じ上げまず。

豊竹咲甫大夫と文楽へ行こう
豊竹咲甫大夫と文楽へ行こう
豊竹 咲甫大夫

こんな本出してるし。確かコレって染五郎さんバージョンもあったな…。

市川染五郎と歌舞伎に行こう!
市川染五郎と歌舞伎に行こう!
市川 染五郎

狂言の茂山兄弟ってのもありました…。孝太郎さんが咲甫大夫さんのお師匠さんの咲大夫さんに浄瑠璃を習いに行っていて、仁左衛門さんはそのお師匠さんにお稽古をつけてもらっていた、というご縁だったみたい。

「日本の伝統芸能」のおかげで最低限の文楽の知識らしきものは頭に入ったので、今日の話では床本を置く台が、演目によって色や房を変えていて、みんな私物だということや、その見台をあつらえたり古道具屋で探したりする、っていうあたりの話がとても新鮮でした。

日曜日の文楽は仮名手本忠臣蔵で切腹があるので、きっと白木の見台を見ることができるんだと思います。放送が観劇に間に合ってちょっとうれしかった。
| 文楽 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。