<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< アブダビで歌舞伎! | main | 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部1回目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ビミョーだった春猿さんの紹介番組
この番組の存在自体を知らなかったのですがたまたまお昼を食べているときに、これもたまたま「笑っていいとも!」に春猿さんがゲストで出てるのをみつけ、今晩放送の「Dのゲキジョー」という番組に出てることを知ったので「トランスアメリカ」見ないで直帰して見ました(爆)。

なかなかおもしろかったです。国立劇場の研修生時代の話などで、同期で仲良しの段治郎さんがVTRで出てきてたのもうれしかったし、玉三郎さんに「期待の言葉」をおっしゃっていただくなどサービスサービス!って感じで。

歌舞伎名作撰 ヤマトタケル
歌舞伎名作撰 ヤマトタケル

七月大歌舞伎の「夜叉ケ池」で、白雪姫から百合さんへの早変わりのところが観られたりとなかなか楽しかったですが、いくつかクエスチョンマークが点灯する場面もありました(汗)。
こういった民放のバラエティやトーク番組に出るのはいわゆる「御曹司」が多いので、春猿さんのような国立の養成所出身の役者さんが出て、養成所の存在を知ってもらうことなどはすごく意義があることだと思います。

特に、養成所のお稽古の様子や砂場でトンボを返る練習を繰り返す研修生さんたちの映像ってあまり目にする機会がないし、興味深かった。

それから、最終盤には歌舞伎座の座席と値段がどうか、とかおみやげの紹介とか、初心者も「じゃ、ちょっと行ってみようか」と思ってもおかしくないようなつくりになってたのもよかったです。

でも………。

養成所の出身で「主役級」になったのはこの人たちだけです、と紹介されたラインアップ、確かに澤瀉屋さん的にはそうだと思うんですけど、こういう紹介の仕方でイイのかな、とちょっとドキドキ。

もちろん主役級になるのも大切なことだけれど、地味ながらいい味出してる研修所出身の脇の役者さんもいっぱいいらっしゃいます。

また、歌舞伎を実際観にゆくようになって、いわゆる「梨園」の生まれでも決して「主役級」の役付きになってない役者さんもたくさんいらっしゃるのがだんだんわかってきました。

だから、こういう一種ヘンな持ち上げ方が春猿さんの歌舞伎のキャリアにマイナスにならないか、大きなお世話ですけど心配になってしまいました。

それから、番組が終わってから公式サイトをのぞきに行ったら、掲示板に後援会からのメッセージとして「事実と異なる記載があった」とありました(大汗)。書き方からしてテレビ欄に出てた「**から歌舞伎役者へ」の部分じゃないかと推察するんですけど、事前にチェックできなかったのか、残念です。
| 気になる…澤瀉屋さん | 23:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - |
mimiさん、こんばんは。

こんな辺境の地ですから、敷居を高く感じないでドンドン遊びにきてください〜サビシイのでw

私も最近、生意気な言い方ですが歌舞伎は「押さえて」はおきますが、あまりのめり込みすぎないようにしよう(キリがない)、ってことで海に行ったりしているので平日より週末が忙しい感じです。

この番組でもがっちり十月の花形歌舞伎の会見の模様をやっていました。猿弥さんがまた例によってお茶目な感じで「BLに関しては詳しい春猿に」とか話を振ったりしたりしてw なんだかものすごくストライクゾーンの狭い?ところにアピールしてるように感じなくもないですが、歌舞伎のことがメディアで取り上げられるのはイイことなのでしょうね、きっと(大汗)。

10月は大阪行き、止しておこうと思っていましたが結局やっぱり見ないで語ってもなぁと思い直して切符を手配しました。詳細が決まったらまたご連絡させてくださいませ。

若伎会のご様子、コメントつけやすいようにもうちょっと私もエントリがんばりますので、お待ちしています。こちらこそよろしくお願いいたしまっす。
| ruko | 2006/09/09 10:28 PM |
rukoさんこんにちは そしてお久し振りです。
あまりに久しぶり過ぎてちょっと敷居が高くなってしまいました(汗) 夏の間、しばらく歌舞伎と縁がなく過ごし、ネットからも遠ざかり気味だったのですが、
rukoさんは納涼歌舞伎を楽しまれていた様ですね。早くも今日の所は秀山祭にお出かけでしょうか。

上記の春猿さんの番組はこちらでは見ることがかなわなかったのですが、10月の花形に向けて等 関西に於いても伝芸関係がメディアで取り上げられつつあるようです。それにつれて私も秋の観劇予定を組み、気持が盛り上がってきております。

今月も若伎会に行く予定ですので、その時はまた書き込みさせていただきますね。 ご無沙汰でしたが以後
またよろしくでーす!
| mimi | 2006/09/09 3:40 PM |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/203