<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 秀山祭九月大歌舞伎 昼の部1回目 | main | 九月文楽公演 仮名手本忠臣蔵第一部(大序〜四段目) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
九月文楽公演、チケットまだ残ってました
9月の国立劇場文楽公演は「仮名手本忠臣蔵」の通し上演。チケット売り出しに出遅れ、前売りの初期段階では「週末はほとんどもう売り切れています」と親切ながら無情のお答え。泣く泣く一部だけ切符を買って残りは様子を見ることにしていました。

本日の第一部は満員御礼
第一部の開演は10時半、第三部まで通しで見ると終わるのが午後9時半になってしまいます…。今日の第一部は最後列のいちばん上手の車いす席にも補助席が出る盛況でこんな札が出ていました。


開場時間に劇場についたのですがあまりに暑く、暑さしのぎのためにチケットセンターを覗き、二部と三部の空席を聞いてみました。

なんと、数は少なかったですが、週末もまだ残席がありました。私は種々の調整をして平日に行くことにしてしまったのですが(爆)、もしあきらめていた方がいたら、チケットセンター(紹介ページはコチラ)にお電話してみることをお勧めします。わりと良席がぽつっぽつっと残って、あまり見やすくない下手過ぎたり上手すぎる後ろのほうがもうちょっとずつ残っている、だいたいそんな印象でした。
| 文楽 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。