<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 十月花形歌舞伎 記者会見… | main | 自分にダメ出しまくり 信二郎さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「艶紅曙接拙〜紅かん」
今から7年前の歌舞伎座で上演された「艶紅曙接拙〜紅かん」。愛之助さんが女方でお出になっている秘蔵w 演目なので、録画して観ました。

江戸時代の夏の風物を売り歩く人々のお芝居、ということで、愛之助さんは玉太郎さん(現:松江さん)とペアで花道からの出。台詞はひとことか二言かな。思っていたよりゴツい感じはなかったです……。なんか不思議なカンジ。

とはいえ、舞踊の主人公は梅玉さんなので、愛之助さんに寄った映像が本当に少なく、感想を書けるほどのものにならなかったのが残念。

芝雀さんが今とまた違ったかわいさがあって素敵でした。

無知なので謎だったのが、萬屋さんの歌昇さんがなぜ「成駒屋」のはっぴを着ていたのか、ということでした。このときは成駒屋さんゆかりの月だったのでしょうか。でも舞台にいらした方の中に成駒屋さんひとりもいなかったしな……。
| 気になる…松嶋屋さん | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/217