<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< ルネこだいら(小平市民文化会館) | main | 衣装・小道具で見る歌舞伎展(日本橋三越本店) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
平成18年度松竹大歌舞伎(東京・小平)
というわけで高麗屋さんの11月までの巡業の2日目、東京の小平(こだいら)に行きました。今日は昼夜2回の入れ替え公演。1回目が15時スタート、2回目は18時半スタートとけっこうタイトなスケジュールです。

小平駅に着いたときには明らかに1回目を観終わったとおぼしきお客さんとすれ違ったので、終わったらすぐ次の2部の準備をするのはかなり大変だろうな、と思いました。

また、巡業スケジュールもスゴイ。明日はお休みですがあさってはなんと北海道の清水町というところ。北海道3カ所回って、弘前に移って東北を回り、次は鹿児島に移動して(驚)九州から日本列島を北上、東北までまた戻って23日の秋田の康楽館で幸四郎さんの弁慶通算900回を達成、首都圏に戻るというもの。

頭が下がります。亀三郎さんのブログでの苦闘ぶりをまた楽しみにしたいと思います。

「巡業」公演は今回初めてでした。冒頭の「歌舞伎噺」など楽しめる工夫がされていました。また、目的の信二郎さんは予想以上によかったです…。

番附が1,500円と高かったのだけがちょっとな〜なんですけど、舞台写真を買ったと思って(汗)。以下、あまりネタバレにならないように感想。
一.歌舞伎噺
MCは錦弥さんでした。劇場の後方からご登場。舞台照明がキツいのか、とっても暑そうでした。歌舞伎の起源として出雲の阿国と名古屋山三が登場。名古屋山三って、そういう方だったんですか…。知りませんでした(大汗)。錦弥さんが説明している後ろでさりげなく煙管を使って煙草をすうお芝居をしたり、おつかれさまです、おふたりとも、という感じ。

東京の荒事、上方の和事と説明があり、奴さんが登場。やる気満々の奴さんでおもしろかったです。観客席から舞台に上がった方とのやりとりもおもしろく、30分はあっという間でした。

二.吉原雀
浅葱色の衣装の信二郎さんと高麗蔵さんが素敵。っていうか信二郎さんしか観てなかったかもw 20分くらいの踊りで長さも程よく、長唄を気持ちよく聞けます。途中で衣装を肩から脱ぐと中は真っ赤で、その後「せーの」でふたりとも引き抜き、ぶっ返りも見せてくれちゃうので、飽きさせません。

高麗蔵さんの後見と信二郎さんの後見の信之さんの息がもうひとつ(信之さんのほうがちょっとだけ早く準備ができてしまってた)だったけど、もうちょっとしたらスパッといきそうですね〜。

三.勧進帳

来月、演舞場で海老蔵さんの弁慶(汗)を観る予定にはなっています。歌舞伎チャンネルで何度か予習していましたけれど初めての「生」勧進帳でした。

富樫(信二郎さん)は冒頭からの登場で、いい位置でずーっと観ることができてよかったです。弁慶が登場してからは堂々と渡り合っていて負けていなかったと思います(やっぱり贔屓目か…)。

今回も幸四郎さんの台詞を聞き取るには全神経の集中が必要で、くたびれました…。亀三郎さんや信二郎さんの声はスコーンと2階まであがってくるし、長唄さんの三味線がチューニングしている音まで聴こえてくるからホールの音響に問題があるとも思えず。

脱線しますが亀三郎さんの声は本当に惚れ惚れしますね……。立役の中で声だけだったら亀三郎さんがいちばん好きかもしれません。亀三郎さんの舞台を拝見するのはたぶん5月の團菊祭ぶりだったので、やっぱりもっと長い間舞台の上で、台詞のたくさんあるお役が拝見したいと思いました。

残る3人は錦吾さん、宗之助さんと亀寿さん。宗之助さんはきっちりお仕事してらしたけど、やっぱり町娘のかわいい感じが好き…。

幸四郎さんがいちばん「弁慶」らしく見えたのは最後に富樫がお酒を持ってきてそれをグイグイ飲む場面だったかしら…。

幕が引かれたあとの弁慶の引っ込みですが花道が短いので、半分くらいまで行って、また舞台の袖に戻って、を2往復半くらいしての引っ込みだったと思います。「あー、やっぱり花道短いな」と感じていたので、なるほどなぁ、な工夫でした。
| 東京の他劇場 | 23:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:46 | - | - |
狷介さん、こんばんは。

わざわざご丁寧に…こちらこそ。
| ruko | 2006/11/23 12:24 AM |
ありがとうございます。
| 狷介 | 2006/11/21 12:49 AM |
狷介さん、初めまして。

歌舞伎で演目や出演している役者さんを紹介しているパンフレットのことを関東では「筋書」、関西では「番附」と呼んでいます。

特に「ランキング」はありませんが、役者さんの素顔のお写真が最後の方にだいたい載っていて、写真の大きさである程度役者さんの格付けがわかる、そんな風になっています。
| ruko | 2006/11/11 2:17 PM |
歌舞伎の『番附け』て何ですか。お相撲みたいに役者のランキングが売ってるんですか?
| 狷介 | 2006/11/10 5:15 PM |









トラックバック機能は終了しました。