<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 三越「歌舞伎おもしろ講座」の愛之助さん | main | ブログで菊之助さんの舞台写真が買える? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
花形歌舞伎 夜の部(新橋演舞場)
昼の部を早く観にゆきすぎたせいか夜の部を観にゆくのに若干ひるみがあった新橋演舞場の花形歌舞伎ですけれど、切符も買っちゃったし、段治郎さんたちにもお目にかかりたかったので行ってまいりました…。

歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切
市川猿之助 坂東玉三郎

NHKエンタープライズ 2004-07-23
売り上げランキング : 19014
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっぱり猿之助さんの↑↑コレ↑↑を観てみないことには、なんとも言えないんですけど、かな〜り、面妖なものを観てしまった……と思いました。でも、事前に恐れていたよりはかなり楽しみました(爆)。以下順番に。

一.時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)

松緑さんがひたすら我慢して最後にブチ切れる光秀、海老蔵さんが春永。春猿さんが春永の愛妾園生の前。

やっぱり、ドSの春永がひたすら光秀を追いつめていくお芝居で、こういう酷薄なお役は、海老蔵さんお似合いかも…と思いながら見ていましたがひたすら重たかったです。松緑さんはこのお役をやりたかったそうなんですけど、なぜなぜ〜?という感じ。

芝雀さんが出てきても陰惨な感じは全然収まらないし、後半だんだんテンションが上がってきて、最後は三方を粉々にして本能寺へ向かっていくわけなんだけど、なんていうか花形歌舞伎なんだけど暗いというか、地味というか。

難しいお芝居でした。

二.船弁慶

團蔵さんの弁慶がチョーかっこいい一幕でした。義経がうら若き梅枝さんだったので、特に「御曹司をがっちり守る弁慶」というイメージがぴったり。特に、菊之助さんが知盛の亡霊になって、弁慶と1vs.1で勝負をする場面はそれを強く感じました。

四天王をやっていた役者さんにあまりなじみがなかったせいかも。

菊之助さんの女方の声は聞いていて気持ちいいです。

「間狂言」で、舟長三保太夫(亀蔵さん)と一緒に若い船乗りとして松也さんと萬太郎さん(梅枝さんの弟さん、時蔵さんのご次男)登場。萬太郎さんはまだあどけない感じでした。16歳か〜。

松也さん昼夜2つずつ。働いてますね〜。やっぱり女方がデカかわいくて、好き。

三.義経千本桜・川連法眼館

今月歌舞伎チャンネルで菊五郎さんが源九郎狐をやったバージョンを観ていったんですが、猿之助さんが海老蔵さんにお稽古をつけて宙乗りの澤瀉屋さんバージョンなので、中程度しか参考にならなかった…。

っていうか、菊五郎さんのを観てから切符を買えばよかったです。今回、2階左袖から観てたのでいろんなことを見逃しまくってました(爆)。別に目の前を通る宙乗りの海老蔵さんに興味があるわけじゃなかったので3階を最初から狙うか肚をくくって一等席にすればよかったです…orz

歌舞伎チャンネルといえば今月の「芸に生きる」に登場した段治郎さんが「四の切」に出るんでしょ、とふられて「バカ殿です」とおっしゃってましたが、段治郎さんがどっしりして落ち着いた義経でよかったです。

それと、ビックリしたのが笑三郎さんの静御前。笑三郎さんは同じ舞台に笑也さんや春猿さんがいると赤姫はそっちにいっちゃうので(汗)初めて赤姫を拝見したんですがこれが素敵なんだな〜〜。

番附の舞台写真を見ても、貼り出されている舞台写真を見てもまったくピンとこなかったんですが、動いてる静御前を観て、品があって素敵デス!と思いました。段治郎さんと組むならやっぱり春猿さんかなーって思っていたのですが笑三郎さんも無問題!

佐藤忠信と源九郎狐の海老蔵さんは、身体能力がすごーくあることは、とってもよくわかりました。でも台詞回しが……。わかりません。ああいうものなのか、違うのか。というわけで冒頭に出した、猿之助さんが実際に演じられている源九郎狐を観てみないことには……というカンジになってしまいました。

あと、今回初めて延夫さんの女方を見ましたが顔立ちがきれいな方なので全然違和感なくてまたビックリです。
| 東京の他劇場 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。