<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 新春浅草歌舞伎 第一部 | main | 寿初春大歌舞伎 夜の部(07年1月・歌舞伎座) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新春浅草歌舞伎 第二部
引き続きの第二部は義経千本桜の「渡海屋・大物浦」。昨年、文楽で通し上演をしたときに観に行って"予習"したのですが、予習するとますます知盛卿がだいじょうぶ?という観じになってしまい…。

歌舞伎名作撰 義経千本桜 渡海屋・大物浦歌舞伎名作撰 義経千本桜 渡海屋・大物浦片岡仁左衛門 NHKエンタープライズ 2007-03-23売り上げランキング : 10509Amazonで詳しく見る by G-Tools


仁左衛門さんの碇知盛観てみたいな〜。

以下、これもまた短めに。

零.お年玉
愛之助さんでした。松嶋屋の裃姿の愛之助さんを見るのは初めてでしたが、その裃姿でひらりっと舞台の上から客席におりて、客席の人に質問する、という時間帯があり、終わるとまたひらっと舞台に戻った身軽さにお客さんたちは大喜び。

前回、浅草に呼ばれたときは亀治郎さんが出られなかったときで、今回も大河のため出られない亀治郎さんに代わって呼ばれた、みたいなことをおっしゃっていて、ぜひまた呼んでほしい、ってなアピールがあって会場は大拍手でした。

一.義経千本桜 渡海屋・大物浦

歌舞伎チャンネルで吉右衛門さんバージョンのを録画してあって観ていたのですが、銀平こと知盛(シドーさん)の出、小さい碇を持って登場していたのですが吉右衛門さんは持っていなかったような…。

第一部の「身替座禅」のときは、もう無理、帰ろうかなと思ったのですが、意外と(爆)奮闘してらっしゃいました。でもやっぱり、サッカーで例えると(?)ゴール枠を捕らえるのが10本に2本、ゴールは20本に1本くらい、って感じで、拵えは歌舞伎なんだけど現代劇見てるみたいな感じがかなりしてしまったのはやっぱり残念に思いました。

そんなわけで相模五郎(亀鶴さん)と入江丹蔵(愛之助さん)が出てくるとホッとしました〜。前半の笑うところも、後半の立廻りも。

二.身替座禅

お行儀がいいのに無理して女遊びに出かける風な勘太郎さんは変わらないのですが、太郎冠者が亀鶴さんに変わっただけですっごくやりとりがおもしろくなったように観じたのが不思議!

それから去年6月の歌舞伎座で仁左衛門さんがやった玉の井を思い出していて、顔をすると仁左衛門さんにどうしても似てしまうことが多い愛之助さんがどんな玉の井になるかと思ったんですケド。

あんまりコワくないよ?仁左衛門さんの玉の井は恐かったもの。

もちろん、声の抑揚の切り替えなどの緩急は第一部の玉の井さんと比べ物にならなくて断然、安心して見てられたんですけど、最初のお年玉のところでおっしゃってたように「ちょっと不細工やった」という程度で、むしろかわいらしかったです。

というわけで身替座禅の配役が第二部のほうがよく、気持ちよく笑って家路につくことができて、よかった………。
| 東京の他劇場 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:29 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。