<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 思いがけない歌舞伎つながり | main | 和樂4月号 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歌舞伎とダイビング
話は飛びますが私、スクーバダイビングが趣味です。ちょっと前は真冬の雪が降る日に鼻水たらしながら熱海あたりで潜ってました←バカ

学生時代の友だちと久々喋って、最近歌舞伎にハマっているという話に。「ダイビング始めたころと似てる」と指摘されました。確かに。

日本の海水魚日本の海水魚
岡村 収 尼岡 邦夫

山と溪谷社 1997-07
売り上げランキング : 2,678
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


無重力の海の中でたゆとうような感じは経験したことのない人にはわからない快感。落ち着いてくると、自分を取り囲んでいる魚たちの生態が知りたくなってこんな図鑑を買ってしまうわけですよ。

昨日歌舞伎座から帰ってきて俳優名鑑を見ているうちに、友人の指摘をさらに掘り下げてみました。
ダイバーといってもいろんなタイプがあって、潮流に流されながら大型の回遊魚を眺めるのが好きな人もいれば、ひたすら「珍しい」種類の魚を追い求め、往々にしてどんどん深いところに潜りたがる人、砂地をはいずりまわってハゼだけ見てればハッピーな人、ウミウシ以外に興味がまったく持てない人などいろいろいます。

これは、ご贔屓の役者さんやおうちが観ている人によってバラバラなのと同じだよね。

私は、なんでも海の中のものは好きです。とはいうものの、潜ってるときに見て印象に残った魚は名前をチェックしないと気が済まない悪い癖がありますw 似た種類の魚を見て喜んだりしているので図鑑は必携。1回潜って空気が少なくなる60分程度の間にはかなりの数のお魚に出会うのですべて記憶するのは難しく、とにかくデジカメで写真を撮りまくり、陸にあがってから図鑑と照合します。

昨日の晩、「壱太郎さんって誰のお子さんなのだろう」と俳優名鑑を捜していた自分にはっとしました。ダイビングのあとのログづけをしている自分に重なってた(汗)。

だから、あまり深く考えずに俳優名鑑すぐに買っていたのか…。
| 初心者日記 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:27 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/34