<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 新春壽大歌舞伎 昼の部 | main | 大阪松竹座デビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新春壽大歌舞伎 夜の部
20060124103206.jpg
終わりました。ある意味死に至る病(特に経済的に…www)に感染した予感。


きっかけは有り得ないほどミーハーでしたが、こんなスゴイもん、おじいさんとおばあさんに独占させちゃいけないwと思った。

愛之助さんは私の「きっかけ」なのでこれからも応援していくのは当然ながら、ほかにも素敵な若い役者さんがたくさんいらっしゃいました。こういう座組はイレギュラーなことは後から知ったのですが「澤瀉屋(おもだかや)」(猿之助さんのところ)の春猿さん、それから立役がどれも文句なく格好よかった段治郎さんに、インパクトのある女方の笑三郎さん。そして、坂東弥十郎さんも大きくて舞台映えのする方でした。

夜は「忠臣蔵」がメーンで、最後が華やかなお正月らしい舞踊で締めくくられ、イイ気持ちで劇場を後にすることができました。
一 .神霊矢口渡

このあたりが疲れのピークだったのでところどころ睡魔に思い切り襲われていました。冒頭ペアルック(爆)で出てきた道行の薪車さんと春猿さんにほれぼれ。ちょっとブチャイク(汗)な孝太郎さんが宿を求めてきた薪車さんに岡惚れしてしまうのが気の毒。ここはお舟は美人じゃないほうがイイのかも、などと思ったりして。

二.仮名手本忠臣蔵

お客さんたちの大半は「仁左・玉」コンビを観にいらしていた方たちのようで、このおふたりは私のようなど素人でも、別格という印象を受けました。冒頭の「道行旅路の花聟」「落人」では特に玉三郎さんが信じがたいほど美しくて困りました。

お顔を見て、衣装を見て、立ち居振る舞いを見て(以下繰り返し)、ともう双眼鏡の跡が目の回りにつきそうなくらい見ても見飽きませんでしたw

愛之助さんは中盤の「五段目」にイノシシと間違えられて仁左衛門さんの勘平に撃たれて死ぬ追いはぎ「斧定九郎」の役。悪役なのに目が離せません。撃たれて口から吐き出す血の赤と白く塗った脚の対比や、ぬーっと出る手など、絵のようにシーンが思い出されます。

それともうひとり目を奪われたのはお才を演じていた笑三郎さんでした。美人!ではない?と思うのですが、ちょっとインパクトのある背の高い女性で、目が止まると離せない感じなのです…。

残念だったのは、帰る時間を気にしている人が多かったこと。後半の「忠臣蔵」の第六段の勘平腹切のせっかくの仁左衛門さんの熱演はなんだか落ち着かないざわざわとした雰囲気の中でした。

三.春調娘七種

最後はお正月らしい踊りで、華やかでした。1月のまだ松の内のころに見に行っていたら、これはこれで格別だったような気がします。段治郎さん素敵……w

猿弥さん出まくってるなあ、忠臣蔵以外グランドスラム。

最後まで観た追加の感想。大阪の人たちはよく笑うなぁ、って。けっこうな愁嘆場でのプチギャグにも、たぶん私のような関東モンならせいぜい「くすっ」って思うところを「あはははは」って笑います。コミックリリーフ役の人たちは、たぶんやりがいがとてもあると思います。さすが笑いのふるさと。
| 大阪松竹座 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/4