<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 俳優祭昼の部 番外編 喧噪のなかで | main | 八月大納涼歌舞伎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
五月大歌舞伎
去年は信二郎さん(と芝雀さん)の「ひと夜」といい、夏祭浪花鑑といい、團菊に負けない迫力を感じた新橋演舞場の五月大歌舞伎だったのですが、気持ちが歌舞伎座に行っていたせいか、思ったほど楽しく感じませんでした。

染五郎さんがどこに向かおうとしているのがわからない、というのが大きいのかもしれません。

歌舞伎名作撰 雷神不動北山桜 毛抜・鳴神
歌舞伎名作撰 雷神不動北山桜 毛抜・鳴神歌舞伎 NHKエンタープライズ 2007-01-26売り上げランキング : 44882Amazonで詳しく見る by G-Tools


というわけで昼夜まとめてさささっと駆け足。

昼の部
一.鳴神

どうして吉右衛門さんが今回のような演出にしようと思ったのかよくわかりませんでした。絶間姫(芝雀さん)の拵えも違っていて、よりかわいい感じかな、と思いましたが、いちばんびっくりしたのは堕落した鳴神上人(染五郎さん)が御簾の下がった庵のなかではなく舞台のど真ん中で広げられた緋毛氈の向こう側であの拵えに変身するということです…。

うーん、染五郎さんのことはけっして苦手じゃないんですが線が細いですよね、やはり。

二.鬼平犯科帳 大川の隠居




これが記憶に新しい人はつい出てきた隠居に微苦笑してしまったと思われますw 全体的に長かったです。特に役宅のお勝手の場面は歌江さんはよかったんだけど、冗長な感じが。それとやっぱり福助さんに久栄さんはムリがあるw

歌六さんの友蔵は流石〜という感じです。歌もプライベートでは(劇団四季にいらしたという過去もありつつ)基本歌わない?らしいですがお上手でしたし。

富十郎さんは何しに出てきたのかよくわからなかった(爆)w

文句を言うなら佐嶋さん(錦之助さん)の出番が短かったことでしょうか。先月の大任を終えて少しお痩せになった錦之助さん、出番はこのくらいでイイのかも。

三.釣女

これは文句なく楽しかったです。去年の「お土砂」みたいな位置づけなのかな。吉右衛門さんの醜女が懐かしいドリフのいかりや長介さんみたいで、迫られる歌昇さんが可哀想〜。

で、芝雀さんと錦之助さんのカップルは目の保養という感じで、楽しく打ち出しを迎えることができました。

夜の部

一.妹背山婦女庭訓 三笠山御殿の場

陰惨なお芝居だというのは覚悟していましたが、官女たちがコワイよー。錦弥さんとか、橘三郎さんとか、マジこわい〜。

そして、「疑着の相」があるとして理不尽に死んでいくお三輪(福助さん)。橘姫の高麗蔵さんがちょっと意地悪顔なので特に気の毒で、癖のある演技とはいうものの、やっぱり気の毒……で後味悪く終わってしまいました。

二.法界坊/双面水照月

吉右衛門さんは基本的に楽しそうにやってるんだけど、何に引っかかっているのだろう、ってやっぱり野分姫の染五郎さんにダメが自分の中で出ていたのだと思います…。なので、ずーっとそれが引っかかって最後まで。

3階から観ていたので、吉右衛門さんが穴を掘るときに「助手」の手が超ナイスタイミングで土を撒いてるのが見えたのは楽しかったですが、團菊祭のほうがほとんど何も考えず楽しさだけに没頭できる作品だったことのギャップもあり、ほとんど楽しめませんでした…。

お話の内容すら概略しか覚えていないという体たらくです。これでは、勿体ないですよね………。
| 東京の他劇場 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:25 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。