<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 歌舞伎座百二十年 團菊祭五月大歌舞伎 | main | メガネも素敵な錦之助さん@「演劇界」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スーパー歌舞伎 ヤマトタケル〈1回目〉
今月は2回観ますが昼夜共に段治郎さんがタケルの日を選びましたv Wキャストが段治郎さんと右近さんのほかにもあるのですが、ヘタルベは段治郎さんがタケルの日は抜擢の(筋書より)猿紫さんで、ちょっと気になる弘太郎さんは右近さんとペアでした…。

というわけでこの日は
タケル=段治郎
タケヒコ=右近
ヘタルベ=猿紫
帝=猿弥

というキャスティング。ちなみに猿弥さんは夜の部があるときはタケルが段治郎さんでも右近さんでも帝をなさるようです(場内のポスターに金田龍之介=昼の部 と貼ってあった)。

歌舞伎名作撰 ヤマトタケル歌舞伎名作撰 ヤマトタケル市川猿之助 梅原猛 NHKエンタープライズ 2004-11-26売り上げランキング : 14129おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools



これまでスーパー歌舞伎はテレビでしか観たことがなく、やはりテレビでの観劇はテレビでしかないのでどうしても冗漫に感じていました。

今日の舞台も幕間を入れると4時間半の長丁場ですが、それほど長いと感じさせないつくりになっていて流石と思いました。

きょうは3階1列目からの観劇だったのでセリがどう使われているかなどがよく見えました。舞台の上にはたくさんの立ち位置を決めるマーキングがつけられていますが、舞台上の役者さんたちも、一瞬たりとも気を抜けない舞台展開でもあるなぁ、としみじみ。

とはいえ、きょうはちょっとハプニングがあって尾張の国でみやず姫(笑也さん)とタケルが結婚する、めでたい、めでたい、とちょっとした群舞があるのですがそこでタケルの家来衆のおひとりがこけっとすっころんでしまいました。舞台の上で一緒に踊っている人たちも観客と一緒に思わず笑っていましたがなんか手に汗かいちゃいました…。

目を見張るような立廻りも随所に。やっぱり一幕目の熊襲の宮殿のがいちばん凄かったですね。なんか観終わったあと爽快でした。

段治郎さんのタケルは背が高くて手足が長いので、やっぱり何をしても映えます。女にだらしなくても許す(違

1幕目からラストまでほとんど舞台に出ずっぱりでたいへんなストレスだと思いますが生き生きとタケルを演じてました。

次は後半観に行くのでどう変化しているのか拝見するのが今から楽しみです。

冒頭ヘタルベ役についてちょっと書きましたが猿紫さんも「夜叉ケ池」のときからちょっと気になっていて、猿紫さんが奥に写り込んでる吉弥さんの舞台写真を買ったくらいなんですけど、このヘタルベが男でも女でもなくて不思議な雰囲気を醸し出していました。

それと、大和の国に幻滅したヘタルベが語る台詞がなんとも言えず共感できるもので、ここは次回もっと注意して聞こうと思わされるものでした。

カーテンコールは1回はデフォルト(それも込みでの上演時間の模様)のようでしたが、そこでちょっとした演出があり、それにじわっとしてみたり。

まだまだ梅原猛大先生の世界観についてはついてゆけませんが、そういう理屈を抜いてもおもしろく観られるお芝居だと思うので、食わず嫌いの人には是非薦めたいと思いました。
| 東京の他劇場 | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:02 | - | - |
かもさん、こちらにもいらっしゃいませ。

半年ほどほったらかしにしていたのですがようやく少し手を入れ始めました(汗)。

で、タケル。確かにサンサーンスの「白鳥」っぽいかも。思わずコメントに笑ってしまいました。私は段治郎さんがかな〜り好きなので、何をやっても許してしまっている、というか何をやっても気にならないんで、新鮮でした。

私も女方さんたちは好きですが、澤瀉屋さんのなかではやっぱり笑三郎さんに目がいってしまいます。笑也さんはなんだろう、歌舞伎の匂いがしなさすぎるのかな…。

というよりは、やはり猿之助さんのタケルを見てみたいな、ということです。DVD買うか?と言われるとそこまでではないのですが…。

>>中日か大阪中日を検討し始めてる自分に

千穐楽の切符を買い足した自分がここにいますよw 何やってるんだか、って感じですがw かもさんもハマってくださいw
| ruko | 2008/03/17 7:41 PM |
rukoさん こんにちは!

昨日の夜の部、行ってきましたよー!
あまりこちらはお邪魔してなかったので、今日になって「rukoさんもエントリくらいはなさってるかも」と思ったら、2回行かれるんですね、いいないいなー。

昨日の昼のカーテンコールには猿之助さんがおでましになったとのことで、うらやましい。
多分rukoさんの1回目と一緒の配役かと思います。私はヅカに行っても娘役を目で追ってしまうヒトなので、昨日も笑也さんに釘付。ちなみに昨日の大向こうは猿弥1回、段治郎2回でしたよ。

私の席は1F16列目花道の左脇だったので、最後段治郎さんを真上に見る形だったのですが、こちらに貼られてる猿之助さんと比べて弱々しく。サンサーンスの「白鳥」が脳内でかかってしまいました・・・。

私、スーパー歌舞伎は「食わず嫌い」だったのですが、ホント自分の不明を恥じる昨日の4時時間半でした。

いや、ほんとしかしここに手を出したことをちょこっと悔やみます。中日か大阪中日を検討し始めてる自分にふと気づいて・・・。しまった。頑張って働かねば(←既に肯定)。
| かも | 2008/03/16 11:59 PM |









トラックバック機能は終了しました。