<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 第四十四回 吉例 顔見世 信二郎改め二代目中村錦之助襲名披露 | main | 7月3日の芸能花舞台は「宮島のだんまり」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歌舞伎座百二十年 六月大歌舞伎 昼の部
今月は、それ自体は後悔してませんが想定外の出費を博多座でしてしまい、チラシを見てもあまりなじみのない演目だったので歌舞伎座の昼の部はパスしようと思っていました。ところが周囲の歌舞伎つながりの方たちから出番も多くいいお役であることを次々に言われたので、勉強のつもりで観に行くことにしました。

一.新薄雪物語

ひとことで言うと息子と娘の愛を成就させるために、そのふたりが受けた不忠の疑惑を晴らすため両家の父が腹を切る、そんな物語(略しすぎ?)。というわけで息子と娘は儚げで美しくないと物語が成立しないと思います。

そこで、錦之助さんと芝雀さんがとても美しかった……。

もう私はそこで満足してしまい、肝心の父たち(幸四郎さんと吉右衛門さん、芝翫さんと魁春さん)の物語は「おまけ」となってしまいました。不思議なことにあれほど恐れていた睡魔はやってこず、意外にも楽しく観てしまったのですが。

でもびっくりしたのはそれぞれの役者さんの出番が少ないこと。例えば染五郎さんと福助さん、段四郎さんは序幕だけだし、魁春さんと彦三郎さんは二幕目の詮議の場のみ。そういう意味でとっても贅沢です。

でも、あのくにゃくにゃした福助さんの籬(まがき)はどうかと思いました。お姫様の筆頭秘書(笑)なんだからもっと凛とした感じがほしかったのにな〜。

あとは印象に残っているのは「水奴」と呼ばれる人たちと繻子奴姿の染五郎さんの立廻りです。とはいうものの、先月たっぷり菊五郎劇団のスピーディーでワイルドな立廻りを観ているのでおっとりした感じは否めず。あと「水奴」という名前なんだけど襦袢が赤くて髪の毛はざんばらなのでなんか締まらない感じなんですよね。そういう人たちがわーっと舞台上にいっぱいいると、暑苦しいかも。

三幕目の園部邸の場は、吉右衛門さんと幸四郎さんの熱演もあったけど私は芝翫さんがいちばんすばらしかったと思いました。

二.俄獅子

これもやっぱり立廻りにもうひとつ見応えがほしかったw 久しぶりに松嶋屋さんの千志郎さんが纏を持って登場するのを発見。ここをガン見(笑)。家に帰ってからずっと違和感について考えていて、ほかの観劇ブログを読んでて降臨したんですけど、デジャヴだったんですね。「新薄雪」の立廻りも、俄獅子の立廻りも染五郎さんだからなんか既視感があったんだ、と。
| 歌舞伎座 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/514