<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 愛之助さんだけ……かぁ | main | コクーン歌舞伎「東海道四谷怪談」南番 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
玉三郎さんと染五郎さん on TV
録画してあった歌舞伎関連の番組をふたつほど観ました。「生活ほっとモーニング」に出演された玉三郎さんと、野村萬斎さんと「二人三番叟」を踊った染五郎さん。

坂東玉三郎 舞踊集2「鷺娘」坂東玉三郎 舞踊集2「鷺娘」
坂東玉三郎

松竹 2003-06-25
売り上げランキング : 14,035
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


玉三郎さんは大サービスだな〜と思いました。衣装チェッカーとしては、これホント録画しておいてよかったです。以下まちっと詳しく。
1.生活ほっとモーニング この人にトキメキッ 坂東玉三郎(NHK)

実際に衣装をスタジオに持ち込んで引き抜きの説明と実演をしてくださり、サービス精神が詰まっていました。びっくりするのは役者さん本人が引き抜きを舞台上でしたら、抜いた小道具はどこかにしまって、また使い回すということ。

お芝居をしながらそんなことが手順として入っているとはまったく知らなかったので、これから引き抜きを見るのにまた別の楽しみができました。

近くで見る歌舞伎の衣装は柄がとても太く大柄で、客席から見てちょうどいい感じにできている、っていうのにとても納得。「八ツ橋」がつける帯、クジャクの羽が一枚一枚縫い止めてある豪奢なつくりも素晴しい。庶民はつい、お、おいくら?とか思ってしまう……

動くと帯の動きと一緒にクジャクの羽も立体的に動くようになっています。

現段階の歌舞伎の楽しみの半分くらいは衣装を見ることだったりします。だから新歌舞伎のビンボー話みたいなのは、ちょっと苦手なんですけどw というわけで今回の特集はとても楽しめました。

2.芸能花舞台「二人三番叟」(NHK教育)

舞踊は嫌いじゃない、っていうかむしろ好きなのですが、これはちょっと難しかった……かも。とくに萬斎さんの踊りの部分は慣れないのでしんどかった(汗)。染五郎さんの番になって、三味線の音が流れるとほっとしました。たぶん長唄とか清元とか義太夫が好きなんだ←なんかおばあさんぽい?

3.追加w

「ブロードキャスター」の愛子さま学習院にご入園ニュースに亀三郎さんが「卒園生」として出てましたw 亀鶴さんの素顔写真もそうなんですけど亀三郎さん眉毛が、眉毛が……と、話は半分くらいしか聞かずに眉毛ばっかり見てました(爆)。でも、声、素敵なんだよな〜。

っていうか確か去年の紀宮さまの結婚のときにどこか民放のおめでと〜番組に橋之助さん&三田寛子がお呼ばれしてたんだけど皇室と歌舞伎をなんか「セレブつながり」的に扱うのって素朴に疑問なんですけどw
| TVで観劇 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/53