<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 平成20年 松竹大歌舞伎 | main | 赤坂大歌舞伎 9/6昼の部 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
赤坂ACTシアター
杮落しの「トゥーランドット」を観に行った知人が劇場内の動線の悪さやトイレ争奪戦のことを教えてくれたのですが本当に身をもって感じてきました。ホールとしてはかなり観やすく、椅子の座り心地も拷問のような歌舞伎座3階やシアターコクーンに比べればかなりよいので場内の動きにくさがとにかく難点でした。

もう歌舞伎で行くこともないかもしれないのですが思い出したことを箇条書きにしておきます。

・A席(2階席と説明がある)=事実上は3階席。ホールは傾斜地に建っており、エントランスが2階になっていて、もう1フロア分階段をのぼらないと、指定の椅子には座れません。

・2階の傾斜は適度についており、前の人が「ノメラー」でもギリギリ気にせずお芝居を楽しむことができます。シートピッチはちょっと中途半端なので奥に入る人がいたら立ってあげたほうが親切。

・エントランスは2階にありますが1階にも恐らく非常口として開口部がきちんとあり、幕間には喫煙スペースとして使われていました。が、終演後は客数の半数以上を占める1階席の客は狭い階段をのぼり2階に上がって外にはけなければなりません。非常に不合理。

・廊下が狭い。人と人との肩がすれ違いざまにあたってしまうほど。階段にも同じことが言え、地震や火災など万が一のときの避難のときを考えるとかなり怖かったです。

・場内での飲食の可否は確認するのを忘れてしまいましたが、場外で座って何か食べられるような場所はかなり限られています。前述の通り廊下も狭くよくあるベンチなども置かれていません。お食事時に行った場合も開演前か終演後に赤坂の街で食べるのがスマートかと。

・場内でも軽食類が売られていましたが常設なのか歌舞伎(というか中村屋さん)対応なのかは判別できませんでした。

・2階の女性用お手洗いは上手側1カ所。入口から入って用を足し、手を洗って出口に出るシステム。数があまり多くなく長蛇の列になっていました。

・切符はインターネットで買うことができます。引き取りは2階エントランス左側にある公衆電話ボックスみたいなところにある引き取り機で。この場所が、わかりにくい〜。席種は選べますが座席は選べません(博多座や御園座と同じシステムを使用している)。
| 初心者(劇場・切符等) | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:47 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/542