<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 新橋演舞場 新秋九月大歌舞伎 夜の部 | main | NINAGAWA十二夜、いざロンドン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
新橋演舞場 新秋九月大歌舞伎 昼の部
私にとって「源平布引滝」とりわけ「義賢最期」は"歌舞伎の原点"ともいえる演目です。イレギュラーだな〜。あのとき大阪に行こうと思い立ってなければ、あそこで段治郎さんや愛之助さん、仁左衛門さんと玉三郎さんのおかる勘平観てなかったら………たぶんマンションのローンの繰り上げ返済2回くらいできてたと思う(違)。

というわけである種の感動をムネに新橋演舞場に向かった連休最終日でした。

一.源平布引滝

1.義賢最期

あれー、こんな立廻りの段取りだったっけ〜?いやいや、人間の記憶はあいまい、ましてや松竹座の2階席の二等席でノメラーや逆毛を立てた人を目の前に観ていた私の記憶なんていい加減なもんなんだろうなぁ………。と思いながらの観劇でした。

松也さんの葵御前、顔が険しいのはやっぱり身ごもっているのが男の子だからかしら(違)。その後の「枕獅子」の胡蝶のときもかわいいながらやっぱりコワイ顔してたから、ちょっとやっぱり男入っちゃってるのかなあと思いました。

九郎助は新蔵さん。あまり注目したことのない役者さんでしたけれど、情愛にあふれていて結構だったのではないでしょうか。

仁左衛門さんに海老蔵さんが習った(?)ということもあってか、松四朗さんほか松嶋屋さんのお弟子さんたちが軍兵役などであちこちにいました。

門之助さんの小万は意外とフェミニンで「男勝り」な面は少し引いた感じになっていました。私の記憶では小万は屋敷の前庭で延々懐剣で立廻りをするんですが、それがすっぽりありませんでした(謎は一応後で判明する)。

そして、海老蔵さんの義賢。うーむむむむむむ。ラストの仏倒れが驚異の身体能力を誇るはずの海老蔵さんにしてはなんかヘタレだったのが印象的で終わってしまったじゃないか〜。

2.竹生島遊覧

滅多にかからないそうですが大きな御座船のセットなどもあって、20分の幕なのにゼイタク。狩衣姿で出てくる海老蔵さんは(エビーム苦手な私でも)文句なくカッコイイ。

そして、小万の立廻りはここであったんですね。なので「義賢〜」でなかった、と。

3.実盛物語

海老蔵さんは実盛をやるにはちょっと若かったかなと思いましたが、違和感はそれだけで頑張ってらしたと思います。

すごくよかったのは市蔵さんの瀬尾。モノの本などに書いてあった「平馬返り」(座ったままの状態で、その位置をキープして前転すること)もきれいに決まった!今まで観たことなかったし席が割と目の前だったのでかなり感動してしまいました。

それと、やっぱり右之助さんは、いいわ〜〜〜。

二.枕獅子

時蔵さんにうっとりの50分。傾城姿ももちろん美しいし、獅子に変わったあとも涼やかで凛々しい〜。満喫しました。

胡蝶は松也さんと梅枝さんでした。
| 東京の他劇場 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:53 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/547