<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 「大向こう」を考えた | main | 率直な翫雀さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
四月大歌舞伎 伊勢音頭恋寝刃
愛之助さんの貢を観て、再度仁左衛門さんの貢と歌舞伎座のアンサンブルが観たくなりました。結論から言うと歌舞伎座には歌舞伎座の、花形歌舞伎には花形歌舞伎なりの味があって、どちらも良かったのではないかという超無難な考えにw とはいえ、愛之助さんにはもっと「愛之助さんらしい貢」をこれからつくっていってもらいたいなと思っていることには変わりません。

歌舞伎名作撰 伊勢音頭恋寝刀 野原地蔵堂の場から油屋奥庭の場まで歌舞伎名作撰 伊勢音頭恋寝刀 野原地蔵堂の場から油屋奥庭の場まで片岡仁左衛門 NHKエンタープライズ 2004-09-24売り上げランキング : 9,193おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


超気になっていた衣装は、仁左衛門さんの貢も愛之助さんの貢も一緒でした。違うお衣装を着るという話は結局沙汰やみだったんですね。着物の細かい柄まではわかりませんが、仲居たちの前掛けに油屋のマークの杯が入ってたりするのも一緒だし、万野が役者絵の団扇を持ってるのも一緒でした。

さらに、2回目観ると福助さんのやり過ぎ感(爆)がとっても気になってほかのお客さんと一緒に素直に笑えなくなっていました。以下もう少し。
4日観たときは盛んに咳をしていた貢さんですが夏風邪wは治っていました。よかった…。姿や見得が決まったときのたたずまいは圧倒的に仁左衛門さんが美しいことは初見のときと一緒なのですが、声は愛之助さんのほうが素敵だと思う(←贔屓なんでお許しを)。

油屋で貢がみんなにいたぶられてフラストレーションをためていく持って行き方も、もちろん貢は5回目になる仁左衛門さんのほうが自然です。愛之助さんはやっぱり「若い貢」なんだなぁと。怒りのテンションが最初から高めなので、それを盛り上げていくと最後は若干「やり過ぎ」な感じだったかもしれないと思いました。

そこが万野とのバランスなので、福助さんが攻める万野をやっていたから怒りのテンションを仁左衛門さんが低めに設定していたのか逆なのかは結局最後までわからなかったんですけど、松竹座はハイテンションの貢に合わせた吉弥さんの万野のテンションだったのだろうな、って再確認。

福助さんの「やり過ぎ万野」はあちこちのレビューでも書かれているので省略しますが、最初観たときより全然楽しめなくなってしまっていました。今月の舞台も千穐楽まであと数日ですけど、あれが福助さんの万野の完成形だとしたら、ちょっと残念……やっぱりオリーブオイルどぼどぼかw

時蔵さんのお紺はやはり素晴しかったです。ただ冷たいのではなくて貢のことが気がかりで、折り紙のことも気になっていて、身請けされて阿波に行かなくちゃいけないかもしれないのに、なんでお鹿さんを呼んでんの!っていう複雑な気持ちが手に取るように伝わってきます。

感情の起伏の表現に使っている団扇の使い方もよかった!これはもう完全に孝太郎さんに貫禄勝ち。

意外な発見は、脇の役者さんたちは物語が伊勢であるためなのか、浪花花形の役者さんたちのほうが「ことば」がしっくりくる感じがすることでした。特に千野。歌舞伎座の歌女之丞さんより、花形歌舞伎の松之亟さんのほうがよかったなぁ、と思い出しました。

「土屋主税」などの好演ですっかり翫雀さんのポイントがあがっているからかもしれませんが、万次郎は松江さんでは「ダメ感」が足りないな、なんて思ったし。お鹿さんも、翫雀さんの「かわいくて気の強いブス」(爆)のほうが「インパクトブス」の東蔵さんよりよかったと思いました。

番附で去年の納涼歌舞伎で三津五郎さんが貢をやったときのお鹿さんに「弥十郎」のお名前を発見して吹いてしまいました。そ、想像がつきませんwww

最後の立廻りは舞台も豪華なので歌舞伎座がよかったデス。さいご、仁左衛門さんが喜助とお紺さんを従えてちょっとカーテンコールみたいにみんなにごあいさつするのがご愛嬌でした。

今月、仁左衛門さんに斬られて血だるまになっている咲十郎(さくじゅうろう)さんがブログを書いています。けっこう初心者の視点からすごく「!」と思う情報が書かれてあるので、おススメ。コチラから。「義賢最期」で戸板倒し用に下から戸板を組むときの苦労などがさらっと書いてあり、あのときの感慨を思い出しました(咲十郎さんは1月の松竹座には出てないみたいだけど)。
| 歌舞伎座 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:20 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/55