<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 歌舞伎座が再開発計画の発表延期 | main | 歌舞伎チャンネルその後 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「歌舞伎チャンネル」がなくなる…?
スカパーで入っている「歌舞伎チャンネル」。最初スカパーに加入したころはこのチャンネルを別途契約するとは夢にも思っていなかったのですが、楽しかった舞台を録画したり、観たことのない過去の舞台を観たり、トークを楽しんだりとけっこう楽しく観賞していたのですが……。

なんと

子会社の解散に関するお知らせ (松竹公式サイト、PDF)

ということで歌舞伎チャンネルを放送している「伝統文化放送」をことし3月で解散してしまうという発表がさらっとされてました。

リリースには

「(歌舞伎チャンネルは)きわめて専門性が高く現在まで多くの視聴者を獲得するに至りませんでした」

とあり、

「本年3月末日をもって解散する」

と書かれてあります。

一応「今後も新たな事業計画のもと歌舞伎の放送をお届けできるよう努めてまいりたい」

としめていますが…。

業績見ると赤いんで仕方ないのかな、という気がしなくもないのですが、この程度の赤字ももはや看過できない程度になっているとすると……(以下略)。

解散の日程は8月に清算が終わるということらしいのですが、実際の放送はいつ終わってしまうのか、「新たな事業計画」がいつ立ち上がるのか、などなど疑問だらけかも。
| TVで観劇 | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:56 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/553