<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 四月大歌舞伎 伊勢音頭恋寝刃 | main | 仁左衛門さん、紫綬褒章 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
率直な翫雀さん
花形歌舞伎のチケットを手配したころは愛之助さんだけしか知らなかったのですが、実際に劇場に行って通し観劇したら、これまで全然興味がなかった翫雀さんが上手くて気になっていたところにrikaさんがテレビ出演の情報をくださったので観ました。

平成の坂田藤十郎--中村鴈治郎改め四代目坂田藤十郎襲名記念平成の坂田藤十郎--中村鴈治郎改め四代目坂田藤十郎襲名記念秋山 勝彦 演劇出版社 2005-11売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools

→いろんな意味でグレイトなお父様をもつと大変だろうなぁ、と思うんだけど、予想以上に大らかでますます好感度がアップしてしまいました。

余談ですけどこの番組の司会は山野愛子ジェーンさんとフジテレビの佐藤里佳アナ。山野さんのきっつい英語なまりで司会を忘れてw スクーバダイビングが好きという翫雀さんに"Oh, mee tooooo"などと話しかける天然ぶりが衝撃的でした。それからふたりともお着物姿なんですけどこれがまたなんともモダンというかなんというか……。
J-Art 第2回 歌舞伎役者・中村翫雀(BS-FUJI。番組公式サイトはコチラ

3月の歌舞伎座「吉例寿曽我」ではほかの役者さんチェックに忙し過ぎ、まったく翫雀さん演じる曽我五郎に視線を落としていませんでした(ついでにいうと十郎の信二郎さんもチラ見で終わってしまってた…3回も観たのに……涙)。もっと言うと、藤十郎さん襲名のNHKスペシャルを観たとき(そのときの感想はコチラ)、上方歌舞伎を語るのに超標準語で「バカヤローと叱られる」と話す翫雀さんにかなり引いてたっす、正直。

けれど、花形歌舞伎の土屋主税、そして「伊勢音頭」のお鹿などを拝見して翫雀さんに興味がわいてきました。rikaさんに教えてもらって観たのですが、ますます!!です。

とにかく率直な喋りにつかまります。自分のことをただ謙遜するのは簡単だと思う。そういう人多いし。でも、一歩引いて自分を客観的に語れる人はそれほど多くない。翫雀さんはそれができる方だと感じました。

後から手持ちの雑誌などに出てくる翫雀さんのインタビューなどを読むと「学業優先」にはお母さま(扇千景)の意向もかなり働いていたようにも読めます。とはいえ初舞台を踏んでから大学に入るまでほとんど歌舞伎に出ていなかったため、いざ舞台に立って同世代で舞台に立ち続けていた役者さんたちに比べて出遅れたことを感じ、自ら日舞のお稽古に通うようになったことなどを淡々と話していきます。

役者になったのも「ほかにやりたいことがなかったから。やりたいことがあったらそっちをやっている」とあまりのぶっちゃけぶりw それが逆にイイなぁ、と。

若い世代へのメッセージとして、いろんなことに興味を持ってほしい、そしてショックを受けてほしい。自分がショックを受けられない人間は他人にショックを与えることができない--とおっしゃってます。「ひとつのことしか認めない心の狭さ」をチラリともらし、ここが翫雀さんなりに抱えている葛藤なのかもと思えて人間らしい。

御曹司らしい「ガツガツしてない」感じ、そしてやっぱり歌舞伎が大好きであるということがビシビシ伝わってきて楽しく拝見しました。mimiさんによると関西ではお昼のワイド番組などにコメンテーターとして出てるとのこと。そんな翫雀さんも観てみたいです。

五郎の顔をするシーンも見られました。愛之助さんのより、実は具体的だったかもしれない。

【追記】翫雀さんの公式サイトです。
中村翫雀公式サイト(かなり更新されていない…)
| 気になる役者さん | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:40 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/58