<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 玉三郎さんと染五郎さん on TV | main | 6月、愛之助さんは歌舞伎座 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コクーン歌舞伎「東海道四谷怪談」南番
完売の表示が出ていたコクーン歌舞伎。歌舞伎会の会員になってしばらくたち、チケットWeb松竹はマメに見ているとかなりいい席のチケットがぽろっと「戻って」くることがわかってきました。PARCOも観たことだし、せっかくだからと思ってコクーンをチェックし続けていたらやはり席が戻っていたので、オーソドックスといわれる南番に挑戦しました。

歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ歌舞伎名作撰 野田版 研辰の討たれ中村勘九郎 NHKエンタープライズ 2004-07-23売り上げランキング : 6,573おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


こういうチケットは後援会が押さえてるものらしいので平場ではなく1階の椅子席でかなり場所的にはいいポジションでした。でも、歌舞伎を観始めてはじめて「退屈」と感じ、このほかさまざまな違和感があってまったくスッキリしない状態で観劇を終えてしまったのでした。
始めてのシアターコクーンは椅子の座り心地がイマイチ(汗)。堅さといい、シートピッチといい、歌舞伎座の3階席の感じ。「お弁当などはどんどん座席で食べてね」って芝居小屋風味を煽ってるんですけど、落ち着かない……。平場席に座ってももっと落ち着かないと思うけどw

劇場中央下手のドアから役者さんが出入りし、下手の通路を使って舞台にあがるのはPARCO歌舞伎と一緒、というかこっちが編み出した手法なんですね、きっと。

幕が開いて違和感があったのは舞台の奥が深く天井が高いせいなのか、序盤は役者さんの声が私の席にいても舞台の奥の方に吸い込まれていく感じで聞こえが悪く感じてしまいました。

勘三郎さんのお岩さんは毒を盛られる前までの伊右衛門の理不尽なDVに耐える気の毒さ→「髪梳き」の痛さと不気味さ→最後への圧倒的な怖さ がとても自然でよかった。このほかに早変わりで異なるお役もこなしていて違和感がないのも、すごいと。

逆にどうしてもスッキリしなかったのは扇雀さんと橋之助さんでした。橋之助さんについては大河ドラマなどでもおなじみだしむしろ親しみを感じていたのですが一気にがっかり(汗)。

ふたりともひとことで言うと「美しさが足りない」。特に扇雀さん。姿も声も扇千景じゃ、萎える(大汗)。若い頃はもうちょっと格好良かった気がするんだけど……。

七之助さんがやせ過ぎていて貧弱で、美しく見えなかったのも敗因でした。背が高いから余計視線が上に引っ張られてしまう。玉三郎さんの番組で、衣装の模様をデザインするときに、客席から観て美しく見えるように大きめ、太めにしておくというポイントを思い出します。また、三津五郎さんの歌舞伎入門で時代物のときは、豪奢な衣装に負けないように「肉」をつけてその上に衣装を着るというのを思い出します。

勘三郎さんは別として、扇雀さんも七之助さんも「……」だったため、もうここで勝負あった。出てくる女方がトータルで美しいということが、私の歌舞伎鑑賞の絶対条件であることを再確認しました。

そして、お芝居全体に流れる私が苦手な「観客との狎れ合いと一体感 a la 勘三郎」があっちでチラ、こっちでチラっと出てきます。平場席の中を通って役者さんが引っ込む場面で、どこを歩いたら盛り上がりそうか役者さんが物色しているのが見えちゃうのは、かなり興醒め。

さらにラストに向かって本水を使った立廻りでも、シートを配られた最前列のお客さんたちにわざと水がかかるような立廻り。芝居のペースがそっちに行ってしまっておかしくなっている感じがしました。

先月の「當世流小栗判官」でも右近さんの楽屋オチが全然楽しめなかったのですが、こういう観客サービスを私は歌舞伎には求めてないということが骨身に染みます。

収穫は中村屋さんの小山三さんを拝見できたこと。

勘三郎さんのお父様の先代の勘三郎さんのお弟子さんで相当のお年のはずですが強烈な存在感がありました。勘三郎さんが「いや〜もっともっと長生きしてほしいぜ」なんてリップサービスをするのにまた軽くイラ〜とかしちゃったんですけど。
| 東京の他劇場 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/63