<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
<< 五月大歌舞伎 夜の部 | main | 若衆歌舞伎の記事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
思いがけず時蔵さん
週末は若衆歌舞伎。4月にお友だちのご厚意で観ることが可能になった「片岡愛之助の歌舞伎入門」をもう一度通しで観ました。

NHK日本の伝統芸能 2005年4月~2006年3月 (2005)
NHK日本の伝統芸能 2005年4月~2006年3月 (2005)
日本放送協会, 日本放送出版協会

最初観たときは当然ながら愛之助さんだけ観てたんですが、先月今月と結果的に「時蔵さん強化月間」になってしまったため実はものすごいお宝映像満載なことに気がつき、愛之助さんはほとんどスルーして思い切りヘンな笑いを浮かべながら見てしまいました。
お友だちには「(愛之助さんは)隙なくカッコイイ」と報告したんだけど、冷静に観てみるとけっこう笑えるところがありました。詳しくは機会があったら観ていただきたいところ。お稽古着のまま、ツケの音とともに花道を走って出てくるところとか、ネタですか?っていう感じw それから冒頭「今最も注目されている若手の歌舞伎役者」って断定しちゃってたんですが、「の1人」くらいのほうが、よくないか?とちょっと心配になってしまったですよ……。

あと、実際観るまで確信が持てなかったのですが、お顔をするシーンは「J-Art」で翫雀さんが見せてくれたほうがよりリアルでおもしろかった。

興味深かったのは、今年の講師の三津五郎さんにはかなり緊張した感じで応対している水谷アナウンサーが愛之助さんにはかな〜りゆるく、気安く話しかけているように見えたことです。愛之助さんの出してる電波に確実にやられてますね。

で、時蔵さん結晶。去年の歌舞伎入門は、浅草歌舞伎や国立での「本朝廿四孝」本番中?の愛之助さんだったので、「本朝廿四孝」の舞台に加えてお稽古シーンなども出てきます。

八重垣姫が時蔵さんだったので、いろんなところに出てきます。引き抜きもバッチリ観てしまったし、お稽古のシーンでも、基本的に映されてるのは芝翫さんにダメを出されている愛之助さんなんですが、私は愛之助さんじゃなくて一緒に映ってる時蔵さんばかり見てましたw

素の時蔵さんはけっこう色も黒くて地味なお兄様なので、なんであんなにゴージャスでビューティホーな八重垣姫やお紺さんになるのかちょと信じられないくらいなのですが、かなりいま時蔵さん熱が上がっています。

「入門」のなかでは「切られ与三」もありました。最近歌舞伎チャンネルでやったのは仁左衛門さんの与三郎に玉三郎さんのお富だったのですがNHKではお富がこれまた時蔵さんで、玉三郎さんとは全然違ったお富が素敵〜。

時蔵さんは「小学生のための歌舞伎教室」のワークショップの映像などでもよくお姿を拝見するので、今後はそういう番組もちぇっくしないとw
| 錦之助さん・時蔵さん | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:47 | - | - |









http://kabukinote626.jugem.jp/trackback/82