<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+kabuki photo

歌舞伎座入口の「鳳凰」

+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACKS
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言
舞台裏おもて―歌舞伎・文楽・能・狂言 (JUGEMレビュー »)
山田 庄一, 大藏 彌太郎, 吉田 簑助, 岩田 アキラ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スーパー歌舞伎 ヤマトタケル〈1回目〉
今月は2回観ますが昼夜共に段治郎さんがタケルの日を選びましたv Wキャストが段治郎さんと右近さんのほかにもあるのですが、ヘタルベは段治郎さんがタケルの日は抜擢の(筋書より)猿紫さんで、ちょっと気になる弘太郎さんは右近さんとペアでした…。

というわけでこの日は
タケル=段治郎
タケヒコ=右近
ヘタルベ=猿紫
帝=猿弥

というキャスティング。ちなみに猿弥さんは夜の部があるときはタケルが段治郎さんでも右近さんでも帝をなさるようです(場内のポスターに金田龍之介=昼の部 と貼ってあった)。

歌舞伎名作撰 ヤマトタケル歌舞伎名作撰 ヤマトタケル市川猿之助 梅原猛 NHKエンタープライズ 2004-11-26売り上げランキング : 14129おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools



これまでスーパー歌舞伎はテレビでしか観たことがなく、やはりテレビでの観劇はテレビでしかないのでどうしても冗漫に感じていました。

今日の舞台も幕間を入れると4時間半の長丁場ですが、それほど長いと感じさせないつくりになっていて流石と思いました。

きょうは3階1列目からの観劇だったのでセリがどう使われているかなどがよく見えました。舞台の上にはたくさんの立ち位置を決めるマーキングがつけられていますが、舞台上の役者さんたちも、一瞬たりとも気を抜けない舞台展開でもあるなぁ、としみじみ。

とはいえ、きょうはちょっとハプニングがあって尾張の国でみやず姫(笑也さん)とタケルが結婚する、めでたい、めでたい、とちょっとした群舞があるのですがそこでタケルの家来衆のおひとりがこけっとすっころんでしまいました。舞台の上で一緒に踊っている人たちも観客と一緒に思わず笑っていましたがなんか手に汗かいちゃいました…。

目を見張るような立廻りも随所に。やっぱり一幕目の熊襲の宮殿のがいちばん凄かったですね。なんか観終わったあと爽快でした。

段治郎さんのタケルは背が高くて手足が長いので、やっぱり何をしても映えます。女にだらしなくても許す(違

1幕目からラストまでほとんど舞台に出ずっぱりでたいへんなストレスだと思いますが生き生きとタケルを演じてました。

次は後半観に行くのでどう変化しているのか拝見するのが今から楽しみです。

冒頭ヘタルベ役についてちょっと書きましたが猿紫さんも「夜叉ケ池」のときからちょっと気になっていて、猿紫さんが奥に写り込んでる吉弥さんの舞台写真を買ったくらいなんですけど、このヘタルベが男でも女でもなくて不思議な雰囲気を醸し出していました。

それと、大和の国に幻滅したヘタルベが語る台詞がなんとも言えず共感できるもので、ここは次回もっと注意して聞こうと思わされるものでした。

カーテンコールは1回はデフォルト(それも込みでの上演時間の模様)のようでしたが、そこでちょっとした演出があり、それにじわっとしてみたり。

まだまだ梅原猛大先生の世界観についてはついてゆけませんが、そういう理屈を抜いてもおもしろく観られるお芝居だと思うので、食わず嫌いの人には是非薦めたいと思いました。
| 東京の他劇場 | 23:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
五月大歌舞伎
去年は信二郎さん(と芝雀さん)の「ひと夜」といい、夏祭浪花鑑といい、團菊に負けない迫力を感じた新橋演舞場の五月大歌舞伎だったのですが、気持ちが歌舞伎座に行っていたせいか、思ったほど楽しく感じませんでした。

染五郎さんがどこに向かおうとしているのがわからない、というのが大きいのかもしれません。

歌舞伎名作撰 雷神不動北山桜 毛抜・鳴神
歌舞伎名作撰 雷神不動北山桜 毛抜・鳴神歌舞伎 NHKエンタープライズ 2007-01-26売り上げランキング : 44882Amazonで詳しく見る by G-Tools


というわけで昼夜まとめてさささっと駆け足。

続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
新春浅草歌舞伎 第二部
引き続きの第二部は義経千本桜の「渡海屋・大物浦」。昨年、文楽で通し上演をしたときに観に行って"予習"したのですが、予習するとますます知盛卿がだいじょうぶ?という観じになってしまい…。

歌舞伎名作撰 義経千本桜 渡海屋・大物浦歌舞伎名作撰 義経千本桜 渡海屋・大物浦片岡仁左衛門 NHKエンタープライズ 2007-03-23売り上げランキング : 10509Amazonで詳しく見る by G-Tools


仁左衛門さんの碇知盛観てみたいな〜。

以下、これもまた短めに。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
新春浅草歌舞伎 第一部
去年は月の後半の大阪松竹座が歌舞伎デビューだったので浅草も国立も手が回らなかったのですけれど、ことしは行ってきました、浅草に。

仲見世に「まねき」?

銀座線浅草駅を降りて南側から仲見世に入るとこんな風に出演役者さんたちの「まねき」みたいなものが上がっていました。


二部制になっていて演目は「身替座禅」が演者さんが違うけどダブっているので1日通しで観てきました。まずは一部から。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
朧の森に棲む鬼
当初は行く予定じゃなかったのですが、お友だちが観にいって、日頃クールなのに3,000円するパンフを買っても惜しくなかったというくらい面白かったとブログに書いてたので、演舞場に行きました。

阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック阿修羅城の瞳 映画版(2005) & 舞台版(2003) ツインパック
市川染五郎(七代目) 中島かずき 滝田洋二郎

松竹 2005-10-29
売り上げランキング : 41402
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本当はこのブログに書く内容じゃないのかもしれないけど「INOUE KABUKI」と銘打っていたので、こっちに書いておきます。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
花形歌舞伎 夜の部(新橋演舞場)
昼の部を早く観にゆきすぎたせいか夜の部を観にゆくのに若干ひるみがあった新橋演舞場の花形歌舞伎ですけれど、切符も買っちゃったし、段治郎さんたちにもお目にかかりたかったので行ってまいりました…。

歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切歌舞伎名作撰 義経千本桜 四の切
市川猿之助 坂東玉三郎

NHKエンタープライズ 2004-07-23
売り上げランキング : 19014
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


やっぱり猿之助さんの↑↑コレ↑↑を観てみないことには、なんとも言えないんですけど、かな〜り、面妖なものを観てしまった……と思いました。でも、事前に恐れていたよりはかなり楽しみました(爆)。以下順番に。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
花形歌舞伎 昼の部(新橋演舞場)
テレビでしか観たことがなかった「弁天小僧」を生で観られる!段治郎さんと猿弥さんが四天王だよ!などなど期待に胸を膨らませて行った新橋演舞場ですが「中毒」を起こして帰ってきて、あまりのことに帰宅してからほぼ速攻で寝てしまいました。回復するのに昼前までかかった。歌舞伎観始めたばっかりの自分が言うのもおこがましいですけれど、あの弁慶は、ナイと思う、っていうか6月の「油地獄」の与兵衛と合わせてナシにしたい!!

歌舞伎名作撰 白浪五人男 浜松屋から滑川土橋の場まで
歌舞伎名作撰 白浪五人男 浜松屋から滑川土橋の場まで
尾上菊五郎

キリの演目が「白浪五人男」で、5月も同じでしたけれどやっぱり松緑さんがイイ!というのにはかなり救われたのですけれど、それでも回復不可……って(爆)。切符が取れたら昼の部はもう1度行きたかったんですけど、うわ〜ん。以下、演目ごとに。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 13:57 | comments(4) | trackbacks(0) |
平成18年度松竹大歌舞伎(東京・小平)
というわけで高麗屋さんの11月までの巡業の2日目、東京の小平(こだいら)に行きました。今日は昼夜2回の入れ替え公演。1回目が15時スタート、2回目は18時半スタートとけっこうタイトなスケジュールです。

小平駅に着いたときには明らかに1回目を観終わったとおぼしきお客さんとすれ違ったので、終わったらすぐ次の2部の準備をするのはかなり大変だろうな、と思いました。

また、巡業スケジュールもスゴイ。明日はお休みですがあさってはなんと北海道の清水町というところ。北海道3カ所回って、弘前に移って東北を回り、次は鹿児島に移動して(驚)九州から日本列島を北上、東北までまた戻って23日の秋田の康楽館で幸四郎さんの弁慶通算900回を達成、首都圏に戻るというもの。

頭が下がります。亀三郎さんのブログでの苦闘ぶりをまた楽しみにしたいと思います。

「巡業」公演は今回初めてでした。冒頭の「歌舞伎噺」など楽しめる工夫がされていました。また、目的の信二郎さんは予想以上によかったです…。

番附が1,500円と高かったのだけがちょっとな〜なんですけど、舞台写真を買ったと思って(汗)。以下、あまりネタバレにならないように感想。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 23:46 | comments(4) | trackbacks(0) |
NHK古典芸能鑑賞会
NHKホールで開かれた「NHK古典芸能鑑賞会」に行ってきました。最初は歌舞伎チャンネルで毎月のようにかかっている「土蜘(つちぐも)」を菊五郎さんで観られる、それに時蔵さんが源頼光でお出になるという超ミーハーな理由だったのですが、京舞の井上八千代さんも観ることができるのでちょっと楽しみにしていました。

NHKホールなんて、何年ぶりだろう……まさかこういうものを観にくることになるとは思ってませんでしたw

一つ目の演目は箏曲ということでしたがちょっと時間の都合でパス。事前にホールに電話して時間を問い合わせたところ、昨日のリハーサルにかかった時間らしいものを教えていただいたのですが実際は30分近く押して終了となりました。
続きを読む >>
| 東京の他劇場 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
昼の部完売!! 十一月花形歌舞伎
歌舞伎会のゴールド会員と特別会員の予約が終わってヒラ会員の先行予約日の朝イチで見てみたんですけど、一等席でも2階の後ろのほうとかしか出てこなかった新橋演舞場の花形歌舞伎

昼と夜ならやっぱり「勧進帳」と「弁天小僧」が両方観られる昼の部だろうなぁ、って思っていたんですが、現時点でもう全席完売で真っ赤です。5月の團菊祭のときも、7月の玉三郎さんの鏡花まつりのときもこんな感じで昼からどーっと真っ赤だったでしたが……。

詳しい配役も発表になり、梅枝さんの素顔写真新しくなってます〜!絶対ゼッタイ、行きたい!

今のところ「戻り」を狙おうと思っているのですが、今回はお友だちと一緒に行こうと話しているので責任重大です。それも戻りが比較的少ない週末を考えているので、切符本当に取れるか、早くも心配になってきました。

でも夜も行かなきゃ。段治郎さんの義経を逃す手はない……。歌舞伎座を思い切り節約して、11月は演舞場月間、としたいところだけど、どうしてホント、幕見がないんだろうあそこは。

はっっっっ。国立忘れてた。まぁイイか…。1回は行くしね。
| 東京の他劇場 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>